bluescatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-24優れた聴き手が優れた音楽家でもあるとは限らない:『アマデウス』

[]:優れた聴き手が優れた音楽家でもあるとは限らない:『アマデウス』 :優れた聴き手が優れた音楽家でもあるとは限らない:『アマデウス』  - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - :優れた聴き手が優れた音楽家でもあるとは限らない:『アマデウス』  - bluescatの日記 :優れた聴き手が優れた音楽家でもあるとは限らない:『アマデウス』  - bluescatの日記 のブックマークコメント

『アマデウス』

 昨年は、モーツァルト生誕250周年ということで、クラッシック音楽に滅法うとい私でも気が付くくらい、関連商品がなにやら盛り上がっているという感じがした。

 年も変わって大分経ったから、あえて、というわけではないが、モーツァルトおよび彼と対立関係にあったというアントニオ・サリエリを描いた映画 『アマデウス』 について、なんとなく。

 1984年の作品。『カッコーの巣の上で』、『ラリー・フリント』、『マン・オン・ザ・ムーン』等も手がけたミロシュ・フォアマン監督によるもの。好きな映画監督三人は? と尋ねられることがあれば、この人の名を入れるであろうというくらい、個人的にすきな監督。

(あとの二人は、ヴィム・ヴェンダース、レオス・カラックス、あたりか)

 この監督の作品ならばと勝手に信頼しているのだが、モーツァルトの音楽に詳しいわけではない。逆に、フラットな気持ちで作品に触れられるかな?という気もして、とりあえず観てみたのだが。

 三時間近くある長い作品であるが、モーツァルトとサリエリの対比が丁寧に描かれていて、飽きずに最後までたのしめた。

 幼いころから神童の名を欲しいままにしていた『天才』モーツァルト。そして、才能はあるのだが『天才』と比較したなら所詮は『凡人』となってしまうサリエリ。モーツァルトの類まれな才能に狂おしいまでの嫉妬をいだきながらも、モーツァルトの音楽に対しては愛を示す。

 思ったのは、サリエリの悲劇は、優れた音楽を聴き分けることができるところにあったのかもしれないということ。モーツァルトの作品を一度聴いただけで、その天賦の才能に愕然としてしまうほど、また、音を聴かずとも、モーツァルトの手による楽譜をひと目見ただけで、その神の調べのような美しさが分かってしまうほど、サリエリには、才能が、あった。

 けれど、それは、すばらしい音楽を認めることができる才能であって、彼自身がそのような音楽を作り出せるということではない。

 自ら作曲家であり、優れた音楽家でありたいと願いながらも、自分とは比べ物にならないほどの才能にあふれた人物が身近におり、そのすごさがおそろしいほど分かってしまう、というのは、いったいどんな気持ちなのだろう?

 優れた音楽を聴き分けることができるからといって、その人が優れた音楽を奏でることができるとは限らない。

 これは、他のいろんな芸術、表現手段にも言えるのではないか。

 優れた詩を理解できるからといって、その人が優れた詩を書くとは限らない。

 優れた絵を見分けることができるからといって、その人が優れた絵を描くとは限らない。

 優れた写真を見つけることができるからといって、その人が優れた写真を撮るとは限らない。

 ……



 たとえば、私がこうしてすばらしいと思う映画を紹介する。えらそうに、あれこれと講釈をたれる。もちろん、じぶんの見識に多少なりとも自信があるからこそ、ブログというツールを使って、自己表現として発信しているのだが、だからといって、私が同じレベルの映画を撮れるわけではない、というのが事実である。

 けれども、そこにかなしみは、ない。自分が映画を撮る才能がないことを認めているからだ。端からそんな能力があるとも思ったこともないし。しかし、自分が映画を撮る立場であったなら、ちがうのかもしれない、と思う。

 たとえば、私は、文筆の真似事のようなことをしているが、それも、やはり多少は自信を持っている(あるいは、持っていた)からこそはじめたことである。自分には優れた作品を見抜くと同時に書けるに違いない、と。――勘違いも甚だしいが、一度はじめてしまうとやめられないのが、表現というものなのであろうか、のらりくらりと、あれやこれやと、試行錯誤してはいるのが……

 かなしい現実に突き当たる。

 自分がすばらしいと思う芸術を愛する。けれど、自分がその作品を超えるようなすばらしい作品を生み出すことはできない、という。

 それでも、やめることができない私は、生み出せない芸術のために、ピラミッドの頂点を目指すように、かなしい事実を現実のものとして受け止め、自分なりの表現方法を、追求していくしかないのではないか、と思うのである。






 ちなみに、『アマデウス』は、2002年にディレクターズ・カット版がリリースされた。すでに長い作品なのだが、さらに20分の未公開シーンが追加されたのとのこと。手元にはあるが、未見。時間を作って、観てみよう。






---

■ Hatena Diary ■

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

a kind of serial novel

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/



2007-06-17

[]:読ませるストーリー:『わたしを離さないで』 :読ませるストーリー:『わたしを離さないで』 - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - :読ませるストーリー:『わたしを離さないで』 - bluescatの日記 :読ませるストーリー:『わたしを離さないで』 - bluescatの日記 のブックマークコメント

わたしを離さないで

わたしを離さないで

 カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

 読了。

 ひさしぶりに現代作家のものを読んだ。

 いや、現代作家というカテゴリは、私のなかでは勝手ながら、まだ生存している、あるいは、この百年くらいの間に生誕した作家、というのをイメージしているのだが。

 もっとちゃんとしたカテゴリ分類の仕方があるのかもしれない。

 ともあれ、ひさしぶりに読んだ現代作家の作品、ということにしておこう。

 さて。著者は、日本生まれの英国作家。作品のひとつである 『日の名残り』 は英国最高の文学賞であるというブッカー賞を受賞、また、ジェイムズ・アイヴォリー監督によって映画化もされている。

 と、ここまで書くだけでも、とても権威のある作家によって書かれた作品だということが分かるのだが、この作品に関して、個人的にはあまりすきな文章ではなかったというのが本音。

 しかし、ストーリーの展開、ストーリーの運び方がすばらしく、まさにページを繰るのももどかしい、おもしろさが、あった。

 普段、本を読むのにあまり時間を割けないのであるが、自分としては異例で、なんと、約350ページの作品を五日ほどで読み上げてしまった。

 ここ数ヶ月、小説というもののありかたについて、ストーリー性か、それとも、スタイルそのものの確立かで、考えてしまうことが度々あった。むろん、その両方をバランスよく兼ね備えていることがベストではある。しかし、ストーリーがここまで突き抜け、それを読ませるための優れた技術に基づいて描かれていれば、文体がすきだの嫌いだのは関係なく読み切れるものなのだ、ということを思い知らさせてくれた作品である。



 わたしの名前はキャシー・H。いま三十一歳で、介護人をもう十一年以上やっています。



 あまりにもそっけないはじまり方。この一文からは、この物語がどのように展開していくか想像することは難しい。淡々とした語り口で一文一文を積み重ね、我々を知らぬまに物語の世界へ引き込んでいく。そして、最後の一文へ辿り着いたとき、やはりそっけない一言が待ち構えているのだが、それが逆に、物語を通じて『体験』したできごとをより深く印象づけることに成功しているように思える。

 読ませるストーリーとはなにか、ということに疑問をいだいているかたに、ぜひともおすすめしたい作品である。





 ちなみに、イギリス作家というと、ウィリアム・シェイクスピア、チャールズ・ディケンズ、エミリー・ブロンテ、オスカー・ワイルド、ウィリアム・サマセット・モーム、ヴァージニア・ウルフ、ジェイムズ・ジョイス等々、私が読んだことのある作家だけでも、錚々たる作家の名が思い浮かぶ。イギリス文学の歴史については別途機会を設けて記事にしたい。






---

■ Hatena Diary ■

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

a kind of serial novel

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/




トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20070617

2007-06-16Please allow me to introduce myself

[] Please allow me to introduce myself - bluescatの日記 を含むブックマーク Please allow me to introduce myself - bluescatの日記 のブックマークコメント

Pleased to meet you

Hope you guess my name


This name means 'blues cat', and 'blue scat', too





ぼくは、ぼくなりのスキャットで!

(by Kenji Aoki)






---

■ Hatena Diary ■

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

a kind of serial novel

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/

namgennamgen2007/06/16 23:23テンプレのテーマを私が提案させて貰ったhatena_simple-redに一度変えてからゆっくりアナタに合ったテーマに切り替えてください。現在のテーマはこのグループのトップ・テーマに使用しているものであり、プラウザによってはレイアウトが崩れる場合があります。とくに解像度が上がると崩れるかも知れません。私のモニタは1280 x 1024なので既に崩れています。モジュールが正しく表現されていません。
では、そういうことでお願いいたします。

そして改めてよくいらっしゃいました。
コンポラGはアナタを歓迎いたします。

bluescatbluescat2007/06/25 00:19namgen様、こんばんは。
実は、お勧めいただいたhatena_simple-redに変更してみたのですが、依然同じ現状に陥ってしまい、どうしたものかと途方に暮れておりました...。
あれこれと調べているうち、どうやら、エントリー表示部分の main コンテナ用の div タグをヘッダに設定していなかったせいだと判明いたしました。
とりあえず、レイアウトも直ったようですので、これからじっくりと自分に合ったテーマを考えたいと思います。
色々とありがとうございました。

namgennamgen2007/06/25 01:47了解しました。少しづつテンプレ・テーマを探せばいいと思います。新しいものも出来てますし。他のメンバーと被らないようにしていけばいいかと思います。

bluescatbluescat2007/06/26 00:57namgen様、
> 他のメンバーと被らないようにしていけばいいかと思います。
なるほど、そうですね。
少しずつ慣れて、じっくり探していこうと思います。