bluescatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-09-24ブラック・ダリア

[]ブラック・ダリア(The Black Dahlia)(2006年)(アメリカ) ブラック・ダリア(The Black Dahlia)(2006年)(アメリカ) - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ブラック・ダリア(The Black Dahlia)(2006年)(アメリカ) - bluescatの日記 ブラック・ダリア(The Black Dahlia)(2006年)(アメリカ) - bluescatの日記 のブックマークコメント


 『ブラック・ダリア』という映画を観た。ビデオで。


ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 [DVD]

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 [DVD]


 ブライアン・デ・パルマ監督。ジョシュ・ハートネットスカーレット・ヨハンソンヒラリー・スワンク主演。

 私どうも凝り性なところがあるようで。ひとつ聴いたり読んだり観たりしてその作品が気に入ると、その人の他の作品を聴きたくなったり読みたくなったり観たくなったりすることがままある。

 先日、「パソコンテレビ GyaO」で『アイランド』(2005年)という映画が配信中だったので観てみたのだけど。主演のスカーレット・ヨハンソンのあどけなさとセクシーさのある美しさが印象的で良かったのと。ずっと観たかった『ミリオンダラー・ベイビー』(2004年)をやっとビデオで観られて、主演のヒラリー・スワンクの良さを再認識したというのがあって。そんな二女優が出演ということで、自分的にはタイムリーだった。


◆二女優とか

 スカーレット・ヨハンソンは、一見清楚そうな雰囲気なのだが、どこか『心に傷を持つ』女性らしい不器用さ、あぶなげさがあって、こちらもなかなか良かった。ただ、濃い化粧――血糊のような赤黒い口紅が、あまり似合っていないような気がした。時代性――舞台はどうやら1940年代――を演出する為にあえてそうしたのかもしれないが。

 ヒラリー・スワンクは、有力者/富豪の娘で、謎めいた美女という役どころ。個人的には、ともにアカデミー主演女優賞を獲得した『ボーイズ・ドント・クライ』(1999年)、『ミリオンダラー・ベイビー』のような、偏見渦巻く社会の中で悩み苦しみ傷つきながら懸命に生きていこうとする性同一性障がいの『女性』や、恵まれない家庭に生まれ育ちながら、自らの人生を切り開こうと奮闘する女性ボクサー、……という役柄がはまっていたので、かなり違和感が。でも、非常にお美しかったのは間違いない。老舗の高級コスメティック・ブランド『ゲラン』の香水のイメージ・キャラクターにも抜擢されるくらいなので、それはお美しいはず。『ミリオンダラー・ベイビー』のときは、ちょっと不細工(失礼)かも、と思ってしまったけれども。あれは醜女メイクだったのだろうか。それとも、……。ともあれ、いろいろな役柄に挑戦するというのは意義のあることかもしれない。

 女優陣だけでなく、男性にも触れておこうか。“ミスター・アイス”役のジョシュ・ハートネットは、『シン・シティ』でのチョイ役くらいしか観たことがなかったのだが、良い。ものすごく美男というわけではないと思うが。繊細さと芯の強さを併せ持つ男性の姿が良く出ていた。他の作品も観てみよう、という気にさせられた。


男装の麗人役として、k.d.ラングもカメオ出演

 そうそう、それから、もう一人。レズビアン・バーの場面があったのだけど。バンドの生演奏シーンがあって、「Love for Sale(ラヴ・フォー・セール)」を歌っていたのが k.d.ラングだったのに笑ってしまった。ええと、ご存じない方の為に説明すると。憂いを帯びつつも伸びやかで艶やかな、上質のビロードを思わせる声を持つ k.d.ラング。「エヴリシング・バット・ザ・ガールのトレイシー・ソーンの声でカントリーを歌っているようだ」と称していたのは、音楽評論家伊藤英嗣だったろうか。このカナダ出身の女性シンガー・ソングライターは、同性愛者であることをかなり早くからカミングアウトしている人でもある。同性愛者を公言する実在のシンガーが、レズビアン・バーのクラブ歌手として、『売春賛歌』とも言われる「ラヴ・フォー・セール」を歌っている、というのは、深刻に受け止めるととことん暗くなりそうなので、笑うところだと思っているのだけど。

(『ボーイズ・ドント・クライ』で性同一性障がいの『女性』を演じてオスカーを勝ち得た女優に、レズビアン・バーに出入りする謎の美女役を演じさせるという時点で、妙なキャスティングなのかもしれないが)

 ちなみに、k.d.ラングは、嫌煙家であることも公言して憚らないのだが、「ベッドで煙草は良くないわ」や「スモーク・リングス」等の煙草にまつわるスタンダード・ナンバーに書き下ろしの新曲を加えたコンセプト・アルバム『Drag(ドラッグ)』(1997年)をリリースしていたりもする。drag とは、煙草の一服を意味するらしい。嫌煙家が歌うタバコ・ソングスというのも、なかなか不思議なものだ。嫌いなものだからこそ、あえて取り上げたということだろうか。単に好きな曲がたまたま煙草にまつわる歌だったということだろうか。もしかすると、露悪趣味とか自虐的な傾向があるのかもしれない。なんて。


Drag

Drag



◆二段落ち

 映画に話を戻すと。

 ストーリーは、二本の軸から成っている。女優志望でありながらなかなか芽が出ず、惨殺されてから有名な『死体』となった、ブラック・ダリアと呼ばれていた女性殺害事件解決までの主の軸と、主人公の仕事上のパートナーとその恋人の秘められた過去を巡るもうひとつの軸。最後に惨殺事件の謎が解き明かされ、最後の最後に、もうひとつの軸の真相が明らかになる、という、いわゆる『二段落ち』とでもいうのだろうか、やや、やられた感のある作りとなっている。映画そのものには、つっこみどころがないわけではなかったが、出演者の良さや、この『二段落ち』で救われたという印象。惨殺事件を扱っている割にはグロさはほとんどなく、闇の世界を覗き見して、ちょっと、暗い気分に浸りたい、というときには良いのかも、しれない。




 最近、重い映画ばかり観ていたので、スカッとしたのを観ようと、『トランスポーター』(2002年/フランス.『スナッチ』のジェイソン・ステイサム主演!)を借りてきたつもりが、間違えて『トラフィック』(2000年/アメリカ)を借りてきてしまった……。途中まで観て、やっと違うことに気がついたという二段落ち。こちらも重い話だった。良かったけれど。――しばらく、映画の話が続く予定。











---

- a kind of serial novel -

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/




はてなブックマークに登録 | MyYahoo! に登録 | del.icio.us に登録 | livedoorClip に登録 | Buzzurl に登録 | Bloglines に登録


hiroatsuhiroatsu2007/10/09 21:31ヒロ†です。
いまさらながら発見しました。
とりあえず、FOR GET読ませていただきました。続きを楽しみにしております。
ところで、このブログ、日付のフォントがカッコいいね。

bluescatbluescat2007/10/12 00:45ヒロ†様、こんばんは。
来てくださって、ありがとうございます!
更新は今しばらくお待ちくださいませ……。
英数フォントは、はてなダイアリー既存テンプレートのデフォルトのままなのですが、独特ですよね。
ちょっと調べてみたところ、どうやら、"Georgia" という名称のようです。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20070924

2007-09-22OLD IS NEW:iPod classic

[]OLD IS NEW:iPod classic OLD IS NEW:iPod classic - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - OLD IS NEW:iPod classic - bluescatの日記 OLD IS NEW:iPod classic - bluescatの日記 のブックマークコメント


 先日、会社のエレベーターで同じ部署で働く人と乗り合わせた際、特に共通の話題があるわけでもなく、何か話すべきことがあるわけでもなかったのだが。相手方がバッグから取り出した iPod がちらりと見えたので、

iPod ですか?」とたずねてみた。今日び、iPod を所有している人というのは珍しくもなんともないとは思うが。とにかく、密室内での沈黙というのが、たとえ数十秒間であっても堪えられないのである。

 すると、「これ、古いやつっすよ」と。

 いわゆる「nano」や「shuffle」ではなく、オリジナルモデルと称される型の数世代前のモノなのだろう。

 確か、今月頭に iPod 製品群の新シリーズが発表され、オリジナルモデル――従来の「iPod」といわれていたものが「iPod classic」と名称を変え、一新したようなので、

「ああ、iPod classic ですね。今、いちばん、新しいんですよね」

 とこたえておいた。

 彼は、まだ iPod classic を知らなかったようで、「え、そうなんですか」と面食らった様子だった。


 従来、単に「iPod」といわれていたものに classic という新たなラベルが貼られることで、あたらしくなる。オリジナルにあらたな価値が与えられる。そして、「classic」があるからこそ、本当の、本来の「オリジナル」に別の意味が与えられる。vintage というものにもなりえるのだろうか。


 Apple 社の戦略のうまさを、改めて感じたある朝のひとときだった。




Apple iPod classic 80GB シルバー MB029J/A

Apple iPod classic 80GB シルバー MB029J/A


[ITMedia - シリーズ最大容量160GバイトHDD搭載の「iPod classic」]

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0709/06/news018.html

[アップル - iPod classic]

http://www.apple.com/jp/ipodclassic/features.html











---

- a kind of serial novel -

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/




はてなブックマークに登録 | MyYahoo! に登録 | del.icio.us に登録 | livedoorClip に登録 | Buzzurl に登録 | Bloglines に登録


トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20070922

2007-09-03割れ窓理論:Broken Windows Theory

[]割れ窓理論:Broken Windows Theory 割れ窓理論:Broken Windows Theory - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 割れ窓理論:Broken Windows Theory - bluescatの日記 割れ窓理論:Broken Windows Theory - bluescatの日記 のブックマークコメント


 人生は、過酷だ。されど、芸術はたのし。

 人生を過酷でないものにするのは、骨の折れることだけど、それは、偉大な芸術にもなりえる。

 開いた窓は見過ごせ。それは、生き抜くことと同じだ。


 Life is serious, but art is fun.

 It is hard work and great art to make life not so serious.

 Keep passing the open windows.That means keep on living.


 私のすきな映画、『ホテル・ニューハンプシャー』における台詞。

 ……って唐突なのだけど。

 『ホテル・ニューハンプシャー』は、『ガープの世界』等を書いたジョン・アーヴィングの同タイトルの小説を映画化したものである。

 次から次へ降って湧いたような不幸に見舞われる一家。だが、悲壮感はない。哀しいのに、どこか可笑しくもある。悲劇的な瞬間を受け流しながら、自らの人生を肯定し、残された家族で支え合って生きていこうとする姿は清々しささえ感じさせる。不思議な映画だ。

 初めて観たときには、「開いた窓」が意味するものが良く分かっていなかったのだが。


 (窓から飛び降りて)死んでしまった人のことは、哀しいけれど、気にするのはやめよう。これから先も、あの開いた窓から何が起こるか分からない。けれど、ぼくたちはただ通り過ぎていけばいい。残されたぼくたちは、じぶんの人生を生き抜くんだ。


 ――そんな感じの意味だろうか。何が起こるか分からない、人生の深淵、のような意味かもしれない。

 なんとなく、誤解を生みそうな気もするけれど。

 時と場合に依るとは思うが、他人は他人、自分は自分。内は内、外は外。という考え方にヒントを得ることもある。


 開いた窓は見過ごせ。――そうだね。見過ごすことも、大切。


 でも、『割れた窓』は見過ごすな。――これは、私の持論である。


 これを言いたかったが為に、長い前フリをしてしまった。

 なんのことか、というと。

 なんだかここ数日、このブログ(のようなもの)に、多数のスパム・コメントが。

 ついに来たか。というくらいで、スパム・コメントくらいでたじろぎはしないのだが。スパム・コメントなどに振り回されるのは嫌なので、本当なら放置したいくらいだ。一度狙われてしまったら、幾ら消しても、どうせすぐにまた別のスパム・コメントを残されるに決まっているし。いたちごっこだろう。消しても消しても、際限なく。

 ――それでも、出来る限りスパム・コメントは『残らない』ようにしなくてはならない。「ならない」って、使命みたいな言い方だが。やはり、「そうしなくてはいけない」のである。


 割れ窓理論、というものがある。


 「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」

 Wikipedia - 割れ窓理論より


 ニューヨーク市は、この理論に基づき、犯罪の芽を早めに摘み取ることで犯罪率を激減させ、『犯罪都市』 の汚名を返上した、という。

 スパム・コメント、スパムトラックバックは、ある意味、『割れ窓』のようなものだ。このブログ(のようなもの)を読みに来てくださっているかたに、手入れがされていないブログだ、管理人はだらしがない……という不快感を与えるかもしれない。こんなところ、もう来たくない、と思われてしまうかもしれない。そして、そんな『割れ窓』が、『目印』のようなモノになって、別のスパム業者からも狙われやすくなるかもしれない。そうならない為にも、『悪い芽』は早めに摘み取っておくべきだろう。例えいたちごっこだとしても。

 自分のサイト、自分のブログを守るのは、結局、自分自身か。




 なぜ、スパム屋に狙われるのかなんて、分からないけれど。今日もせっせと、スパム・コメントを消す、私。




ホテル・ニューハンプシャー [DVD]

ホテル・ニューハンプシャー [DVD]

http://d.hatena.ne.jp/asin/B0002V7U6E

d:keyword:ホテル・ニューハンプシャー

d:keyword:ジョン・アーヴィング











---

- a kind of serial novel -

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/




はてなブックマークに登録 | MyYahoo! に登録 | del.icio.us に登録 | livedoorClip に登録 | Buzzurl に登録 | Bloglines に登録


akky20050605akky200506052007/09/03 06:50グループメンバーのアッキーといいます。はじめまして。
もしかすると余計なお世話かもしれませんが、しばらくの間、コメント投稿をはてなユーザーに限ってみてはいかがでしょうか。「詳細設定」で選択できますよ。

bluescatbluescat2007/09/03 22:54アッキー様、こんばんは。はじめまして。
なるほど、そのような機能があったのですね。
早速切り替えてみました。これでしばく様子を見たいと思います。
ありがとうございました!

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20070903