bluescatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-09-03割れ窓理論:Broken Windows Theory

[]割れ窓理論:Broken Windows Theory 割れ窓理論:Broken Windows Theory - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 割れ窓理論:Broken Windows Theory - bluescatの日記 割れ窓理論:Broken Windows Theory - bluescatの日記 のブックマークコメント


 人生は、過酷だ。されど、芸術はたのし。

 人生を過酷でないものにするのは、骨の折れることだけど、それは、偉大な芸術にもなりえる。

 開いた窓は見過ごせ。それは、生き抜くことと同じだ。


 Life is serious, but art is fun.

 It is hard work and great art to make life not so serious.

 Keep passing the open windows.That means keep on living.


 私のすきな映画、『ホテル・ニューハンプシャー』における台詞。

 ……って唐突なのだけど。

 『ホテル・ニューハンプシャー』は、『ガープの世界』等を書いたジョン・アーヴィングの同タイトルの小説を映画化したものである。

 次から次へ降って湧いたような不幸に見舞われる一家。だが、悲壮感はない。哀しいのに、どこか可笑しくもある。悲劇的な瞬間を受け流しながら、自らの人生を肯定し、残された家族で支え合って生きていこうとする姿は清々しささえ感じさせる。不思議な映画だ。

 初めて観たときには、「開いた窓」が意味するものが良く分かっていなかったのだが。


 (窓から飛び降りて)死んでしまった人のことは、哀しいけれど、気にするのはやめよう。これから先も、あの開いた窓から何が起こるか分からない。けれど、ぼくたちはただ通り過ぎていけばいい。残されたぼくたちは、じぶんの人生を生き抜くんだ。


 ――そんな感じの意味だろうか。何が起こるか分からない、人生の深淵、のような意味かもしれない。

 なんとなく、誤解を生みそうな気もするけれど。

 時と場合に依るとは思うが、他人は他人、自分は自分。内は内、外は外。という考え方にヒントを得ることもある。


 開いた窓は見過ごせ。――そうだね。見過ごすことも、大切。


 でも、『割れた窓』は見過ごすな。――これは、私の持論である。


 これを言いたかったが為に、長い前フリをしてしまった。

 なんのことか、というと。

 なんだかここ数日、このブログ(のようなもの)に、多数のスパム・コメントが。

 ついに来たか。というくらいで、スパム・コメントくらいでたじろぎはしないのだが。スパム・コメントなどに振り回されるのは嫌なので、本当なら放置したいくらいだ。一度狙われてしまったら、幾ら消しても、どうせすぐにまた別のスパム・コメントを残されるに決まっているし。いたちごっこだろう。消しても消しても、際限なく。

 ――それでも、出来る限りスパム・コメントは『残らない』ようにしなくてはならない。「ならない」って、使命みたいな言い方だが。やはり、「そうしなくてはいけない」のである。


 割れ窓理論、というものがある。


 「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」

 Wikipedia - 割れ窓理論より


 ニューヨーク市は、この理論に基づき、犯罪の芽を早めに摘み取ることで犯罪率を激減させ、『犯罪都市』 の汚名を返上した、という。

 スパム・コメント、スパムトラックバックは、ある意味、『割れ窓』のようなものだ。このブログ(のようなもの)を読みに来てくださっているかたに、手入れがされていないブログだ、管理人はだらしがない……という不快感を与えるかもしれない。こんなところ、もう来たくない、と思われてしまうかもしれない。そして、そんな『割れ窓』が、『目印』のようなモノになって、別のスパム業者からも狙われやすくなるかもしれない。そうならない為にも、『悪い芽』は早めに摘み取っておくべきだろう。例えいたちごっこだとしても。

 自分のサイト、自分のブログを守るのは、結局、自分自身か。




 なぜ、スパム屋に狙われるのかなんて、分からないけれど。今日もせっせと、スパム・コメントを消す、私。




ホテル・ニューハンプシャー [DVD]

ホテル・ニューハンプシャー [DVD]

http://d.hatena.ne.jp/asin/B0002V7U6E

d:keyword:ホテル・ニューハンプシャー

d:keyword:ジョン・アーヴィング











---

- a kind of serial novel -

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/




はてなブックマークに登録 | MyYahoo! に登録 | del.icio.us に登録 | livedoorClip に登録 | Buzzurl に登録 | Bloglines に登録


akky20050605akky200506052007/09/03 06:50グループメンバーのアッキーといいます。はじめまして。
もしかすると余計なお世話かもしれませんが、しばらくの間、コメント投稿をはてなユーザーに限ってみてはいかがでしょうか。「詳細設定」で選択できますよ。

bluescatbluescat2007/09/03 22:54アッキー様、こんばんは。はじめまして。
なるほど、そのような機能があったのですね。
早速切り替えてみました。これでしばく様子を見たいと思います。
ありがとうございました!

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20070903