bluescatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-19地の色

[]地の色 地の色 - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 地の色 - bluescatの日記 地の色 - bluescatの日記 のブックマークコメント


 先日、電車の中で、『人は見た目が九割』という本を熟読している女性を見かけました。一見したところ、あまり見た目には執心されていなそうな、いたって“カジュアル”な出で立ちのかたのように思えましたが。何かあったのかしら? ……などと想像してしまいました。


 さて。すっかり秋ですね。というか、まもなく冬ですね。夏生まれの夏大好きッ子(w としては、寒いのは苦手なのですが、街中の人たちの冬のおしゃれを観察するのは楽しかったりします。黒のファッションが極まってる、とか、赤いコートが似合ってる、とか、冬に全身真っ白、ってのもなかなか着こなせないわよね、とか。あ、わたくし、身なりで人を判断する、ということはない(はず)のですが、その人の持つ“色”というのを見ることが良くあります。

 その昔、『カラー診断』なるものを受けてからは、特にそうかもしれません。友人の友人なのですけれど、カラー・コーディネイターというのをしている人がいまして。肌の色、髪の色、瞳の色などから、その人にもっとも似合う色調を季節感で大別した四つにグループ分けで診断してくれるのです。例えば、身にまとう人によっては、同じ『ピンク』でも、スモーキーなサーモンピンクとくっきりしたフューシャピンクとでは、まったく印象が異なるそうなのです。その人の持つ『ベースカラー』に似合わない色調の衣服を身に着けたり、メイクをすると、それだけで顔色が悪く見えたり、老けて見えることがあるそうで。逆に、自分の『ベースカラー』に合った色のものを身につけると途端に生き生きとして見えたり、肌もきれいに見えるというのですから、不思議ですよね。

 それぞれの季節の色は大まかに下記のようになるようです。


 春春の花のピンクや黄色、新緑のイメージ、若々しい。明るい。愛らしい。キュート。誰からも好かれる色調。パステルピンク、レモンイエロー等。
 夏やわらかく涼やかさのある色。さわやか。エレガント。青系の色。白・グレー等。
 秋秋の山や木立のようなイメージ。落ち着き。大人っぽい。シック。パリジェンヌのような洗練された、小粋な感じ。クラシック。ゴージャス。ゴールド、オレンジ、茶系、グリーン系等。
 冬深くて鮮やかな色。インパクトのある色。都会的。シャープ。黒、ネイビー、パープル、クリムゾンレッド等。


 なお、自分のすきな色や自分で似合うと思っている色が、自分の『ベースカラー』であるとは限らないそうで……。プロに診断してもらうと意外な発見があるかもしれません。

 ちなみにわたくしが診断された季節は、奇しくも以前から好んで着ていた色と合致しました。無意識に似合う色というものを自覚していたのかもしれません。いや、似合わない色を排除していった結果かもしれませんが。


 で、色、というと、以前このブログで、音楽にも色があるという話をしましたっけ。

 『[movie]:色覚するということ。:デイヴィッド・リンチ

 “色”のある、“色”を持っている音楽が、すきです。そのアーティストの持つ『ベースカラー』がくっきりと見えるものが、とてもすきです。

 でも、ときどき、『ベースカラー』が見えないものに惹かれることもあります。はっきりとした分別ができないものに。例えば、ですけれど、バンドでメンバーが複数いて、それぞれが独自の個性を放っている場合。ビートルズ、とか。私の中のイメージでは、ジョン・レノンさんは、冬。ジョージ・ハリスンさんは、秋。リンゴ・スターさんは、夏。で、ポール・マッカートニーさんは、春、ですね。もちろん、異論のあるかたはいると思います。半ば無理やりこじつけているというのも認めます。メンバーそれぞれが強い『ベースカラー』を持っていたこと、それが魅力だったのかもしれない、なんてふいに思った、ということなのですけれど。どうですか?


 ああ、それから、今、私、トルーマン・カポーティーの『冷血』を読んでいるのですが、この作品のように一切狂いのないような精緻な文体や、『ミリアム』、『夜の樹』、『夢を売る女』等の都会に生きる孤独な人々の内面を冷ややかに描写した作品は、まぎれもなく、“冬”のイメージです。けれども、『誕生日の子どもたち』のように幸福で、ちょっと残酷な子ども時代を描いた作品は、同じ冷ややかさでも、もっと乾いた、もっと枯れたイメージです。同じ人のなかにも、はっきりと分別できない“カラー”を有していることがあるのかもしれません。


 さて。あなたはどんな“カラー”がすきですか? 自分ではどんな“カラー”を有していると思いますか?











---

- a kind of serial novel -

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/




はてなブックマークに登録 | MyYahoo! に登録 | del.icio.us に登録 | livedoorClip に登録 | Buzzurl に登録 | Bloglines に登録

agricoagrico2007/11/19 19:56こちらは大雪の朝、いきなり真冬になったような一日でした。雪というのは色彩を隠す反面、微かな色合いでも際立たせる独特の効果を持ちます。これはとても象徴的ですね。つまり着飾れば着飾るほど、色が効力を失くしてしまうようなところがあるのかもしれません。
とかく「人にどう見られるか」または「見せる」ということがクローズアップされる風潮にありますが、その反面自分の帯びる色というのが本人にはますます見えにくいものになっている。そのもの本来の色を感じ取れれば、見かけや見せ掛けに惑わされることは少なくなりますが、でもそんな人は確かに、10人に1人くらいかもしれません。
服というものをここ何十年も買ったことがなく、人のお下がりや頂き物を着て過ごしてきた私は「作られた色」というのにいつもある種懐疑的なものを持ってしまいますが、だからなのかもしれませんね、人にも物にも、身に着ける以上に鮮烈な色合いを感じてしまいます。それがもしかして、ここで言うベースカラーなのかもしれません。色と音も、色と存在も相互リンクし合ってるというのは面白いですね。

bluescatbluescat2007/11/21 00:41agrico様、こんばんは。ご無沙汰しております。
コメント有難うございました。
東京でも昨日から急に冷え込み、一気に冬になってしまったようです。
『ファッション』に関して、毎年もしくは毎シーズンのようにトレンドの色というものがあり、街中にはその色があふれかえるようになりますが、流行色を身にまとうことばかりに気をとられすぎて、その色が本当に自分に似合っているのか分からなくなることは往々にしてありえるかもしれません。
また、音楽や映像や文章等の表現にもその時時のトレンドがありますが、自分のベースカラーに合っていないものに走っても、まるで似合っていない服を身につけているようになり、消費されて終わってしまうということになるのかもしれません。
無意識にか意識的にかはともかく、背景に調和した色合いを持つ表現に触れていけたらいいなあと思っております。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20071119

2007-11-11新作はまだか:ガイ・リッチー

[]新作はまだか:ガイ・リッチー 新作はまだか:ガイ・リッチー - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新作はまだか:ガイ・リッチー - bluescatの日記 新作はまだか:ガイ・リッチー - bluescatの日記 のブックマークコメント


 仕事中に iTunes のラジオをヘッドフォンで聴くことが多い。音楽関係の仕事なので、それも仕事のひとつ、というのを理由にして。いろいろなチャンネルがあるのだが、Classic Rock チャンネルのいくつかが定番である。知っている曲が意外なタイミングでかかり改めてその魅力を認識したり、知らない曲に感銘を受けたり、名前は知っているけれど音を聴いたことはないアーティストの作風を知ることができたり、と、なかなか快適なラジオ・デイズを送っていたのだけど、なぜか、さいきん、調子が悪い。ブツブツ音が切れたり、伸びたカセットテープみたいに急に遅回しになったり。先日、パティ・スミスの「ビコーズ・ザ・ナイト」がかかっていたときは、ぐにゃぐにゃの超遅回し状態だったもので、本人がうたっているバージョンだとは気がつかなかった。「へえ~、デス・メタル・バンドの荘厳なバラードアレンジのカバーなのね」とか思ってしまったくらいだ。


 さて。またまた唐突だけれど。ガイ・リッチーという映画監督がいる。『ロック、ストック・アンド・トゥー・スモーキング・バレルズ(Lock, Stock and Two Smoking Barrels)』(1998年)、『スナッチ(Snatch)』(2000年)等を撮った人。マドンナの現在の旦那さんでもある。

 長編デビュー作『ロック、ストック……』はオシャレな犯罪活劇として一部の人たちの間で絶賛されていた。『ロック・ストック……』を観たブラッド・ピットが出演を希望し、助演ながらもおいしいところを持っていった第二作『スナッチ』もヒット、各方面から賞賛を浴びたとか。イギリスの俊英、イギリス版タランティーノなどと評され、一躍人気監督に。あの、天下のマドンナがその才能に惚れ込み、「彼の遺伝子が欲しい……」と思った――かどうかは定かではないが、彼の子を出産し、後に結婚に至ったという。

 しかし、結婚後、マドンナを主演させた『スウェプト・アウェイ(Swept Away)』(2002年)(私は未見)がまったくヒットせず、夫婦そろって「ゴールデン・ラズベリー賞(最悪映画賞)」を受賞するという憂き目に。続く『リヴォルバー(Revolver)』(2005年)(日本未公開? こちらも未見)も酷評され、すっかり落ち目になってしまった。


 でもね、ちょっと待ってください。

 ハリウッド的な色合いが強くなった『スナッチ』は、複雑に入り組んだエピソードを巧みに繋ぎ合わせていくスピード感と映像のスタイリッシュさが無条件に“面白い”映画だった。ストーリーは、デビュー作『ロック、ストック……』をそのまま踏襲したもので目新しさはなかったけれど。その『ロック、ストック……』は、カード賭博に負けて背負った莫大な借金を返済する為にギャングから金を奪おうと計画する四人の幼馴染みが次第に深みにはまっていく様を描いたものだが、登場人物たちの利害関係が微妙にズレていくところと、それぞれのツメの甘さが招く意外な展開が当時としては斬新だった(ような気がする)。ただオシャレなだけではない、強烈なブラック・ユーモアと痛烈な社会風刺がまぎれもなく“英国的”で、とにかく痛快だった。音楽も良かったし。クラッシュがカバーしているジュニア・マーヴィンの「ポリスとコソ泥 (Police and Thieves)」が効果的に使われていたりしてね。

(ちなみにサントラ盤、持ってます)

 『ブラス!』や『リトル・ダンサー』、『トレインスポッティング』、『フル・モンティ』、『アシッド・ハウス』、『チューブ・テイルズ』等のような、クエンティン・タランティーノとは明らかに一線を画す、イギリス的背景を背負ったところが良かった。

 三作目と四作目は未見なので、どういう作風になったかは実際には分からない。けれど、駄作などと言われると、逆に興味が湧いてくるものだ。

 デビュー作には、それまでに蓄積された感性を注ぎ込むことができる。第二作に取り組むときにもまだ余力がある。だが、第三作のころには、出し尽くしていて、駄作を作っちゃうこともあるかもしれない。もちろん、作っちゃってない人もいるのだけど。第四作でもまだ混迷から抜け切れないこともあるかもしれない。でも、もしかしたら、打開する為の糸口を掴んでいるかもしれない、第五作では何かすごいことをやってくれるかもしれない、なんて期待したりして。

 先日、ガイ・リッチーのことをウェブで検索していたら、第四作の『リヴォルバー』がこの秋日本で公開される予定との情報が。……でも、もうすっかり秋ですけど。公開されるなら上映情報が出ているはずなのに、いくら探しても見つからない。見つからないとなると、ますます知りたくなるもの。人には言えないくらい(言ってるって)しつこさでは負けない私としては、持てる検索技能を駆使して調べ上げてみましたよ。っていうか、配給会社であるアスミックのサイトに行ってみたら、あっさり情報が載っていたのだけど。「2007年 全国ロードショー」と。もう間もなく2007年も終わりに近づいていますが……。公開予定が暗礁に乗り上げてしまったということなのだろうか……。


f:id:bluescat:20071111205257j:image

[配給会社アスミックのサイトより]


 こうやって、ふっと思い出しては、新作を楽しみにしている者もいるというのに……。駄作と言われているものでも観てみたいと思っている者もいるというのに……。

 きっと、年末くらいになったら、私は、また、ふっと、思い出して検索とかするのだろう。

 来年になったら公開されるのかも、とか言って、来年もまだ検索するのだろう。

 いつも思っているわけではないけれど。時々思い返しては、待っているのだから。











[ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ]


[スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション]




---

- a kind of serial novel -

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/




はてなブックマークに登録 | MyYahoo! に登録 | del.icio.us に登録 | livedoorClip に登録 | Buzzurl に登録 | Bloglines に登録

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20071111