bluescatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-11新作はまだか:ガイ・リッチー

[]新作はまだか:ガイ・リッチー 新作はまだか:ガイ・リッチー - bluescatの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新作はまだか:ガイ・リッチー - bluescatの日記 新作はまだか:ガイ・リッチー - bluescatの日記 のブックマークコメント


 仕事中に iTunes のラジオをヘッドフォンで聴くことが多い。音楽関係の仕事なので、それも仕事のひとつ、というのを理由にして。いろいろなチャンネルがあるのだが、Classic Rock チャンネルのいくつかが定番である。知っている曲が意外なタイミングでかかり改めてその魅力を認識したり、知らない曲に感銘を受けたり、名前は知っているけれど音を聴いたことはないアーティストの作風を知ることができたり、と、なかなか快適なラジオ・デイズを送っていたのだけど、なぜか、さいきん、調子が悪い。ブツブツ音が切れたり、伸びたカセットテープみたいに急に遅回しになったり。先日、パティ・スミスの「ビコーズ・ザ・ナイト」がかかっていたときは、ぐにゃぐにゃの超遅回し状態だったもので、本人がうたっているバージョンだとは気がつかなかった。「へえ~、デス・メタル・バンドの荘厳なバラードアレンジのカバーなのね」とか思ってしまったくらいだ。


 さて。またまた唐突だけれど。ガイ・リッチーという映画監督がいる。『ロック、ストック・アンド・トゥー・スモーキング・バレルズ(Lock, Stock and Two Smoking Barrels)』(1998年)、『スナッチ(Snatch)』(2000年)等を撮った人。マドンナの現在の旦那さんでもある。

 長編デビュー作『ロック、ストック……』はオシャレな犯罪活劇として一部の人たちの間で絶賛されていた。『ロック・ストック……』を観たブラッド・ピットが出演を希望し、助演ながらもおいしいところを持っていった第二作『スナッチ』もヒット、各方面から賞賛を浴びたとか。イギリスの俊英、イギリス版タランティーノなどと評され、一躍人気監督に。あの、天下のマドンナがその才能に惚れ込み、「彼の遺伝子が欲しい……」と思った――かどうかは定かではないが、彼の子を出産し、後に結婚に至ったという。

 しかし、結婚後、マドンナを主演させた『スウェプト・アウェイ(Swept Away)』(2002年)(私は未見)がまったくヒットせず、夫婦そろって「ゴールデン・ラズベリー賞(最悪映画賞)」を受賞するという憂き目に。続く『リヴォルバー(Revolver)』(2005年)(日本未公開? こちらも未見)も酷評され、すっかり落ち目になってしまった。


 でもね、ちょっと待ってください。

 ハリウッド的な色合いが強くなった『スナッチ』は、複雑に入り組んだエピソードを巧みに繋ぎ合わせていくスピード感と映像のスタイリッシュさが無条件に“面白い”映画だった。ストーリーは、デビュー作『ロック、ストック……』をそのまま踏襲したもので目新しさはなかったけれど。その『ロック、ストック……』は、カード賭博に負けて背負った莫大な借金を返済する為にギャングから金を奪おうと計画する四人の幼馴染みが次第に深みにはまっていく様を描いたものだが、登場人物たちの利害関係が微妙にズレていくところと、それぞれのツメの甘さが招く意外な展開が当時としては斬新だった(ような気がする)。ただオシャレなだけではない、強烈なブラック・ユーモアと痛烈な社会風刺がまぎれもなく“英国的”で、とにかく痛快だった。音楽も良かったし。クラッシュがカバーしているジュニア・マーヴィンの「ポリスとコソ泥 (Police and Thieves)」が効果的に使われていたりしてね。

(ちなみにサントラ盤、持ってます)

 『ブラス!』や『リトル・ダンサー』、『トレインスポッティング』、『フル・モンティ』、『アシッド・ハウス』、『チューブ・テイルズ』等のような、クエンティン・タランティーノとは明らかに一線を画す、イギリス的背景を背負ったところが良かった。

 三作目と四作目は未見なので、どういう作風になったかは実際には分からない。けれど、駄作などと言われると、逆に興味が湧いてくるものだ。

 デビュー作には、それまでに蓄積された感性を注ぎ込むことができる。第二作に取り組むときにもまだ余力がある。だが、第三作のころには、出し尽くしていて、駄作を作っちゃうこともあるかもしれない。もちろん、作っちゃってない人もいるのだけど。第四作でもまだ混迷から抜け切れないこともあるかもしれない。でも、もしかしたら、打開する為の糸口を掴んでいるかもしれない、第五作では何かすごいことをやってくれるかもしれない、なんて期待したりして。

 先日、ガイ・リッチーのことをウェブで検索していたら、第四作の『リヴォルバー』がこの秋日本で公開される予定との情報が。……でも、もうすっかり秋ですけど。公開されるなら上映情報が出ているはずなのに、いくら探しても見つからない。見つからないとなると、ますます知りたくなるもの。人には言えないくらい(言ってるって)しつこさでは負けない私としては、持てる検索技能を駆使して調べ上げてみましたよ。っていうか、配給会社であるアスミックのサイトに行ってみたら、あっさり情報が載っていたのだけど。「2007年 全国ロードショー」と。もう間もなく2007年も終わりに近づいていますが……。公開予定が暗礁に乗り上げてしまったということなのだろうか……。


f:id:bluescat:20071111205257j:image

[配給会社アスミックのサイトより]


 こうやって、ふっと思い出しては、新作を楽しみにしている者もいるというのに……。駄作と言われているものでも観てみたいと思っている者もいるというのに……。

 きっと、年末くらいになったら、私は、また、ふっと、思い出して検索とかするのだろう。

 来年になったら公開されるのかも、とか言って、来年もまだ検索するのだろう。

 いつも思っているわけではないけれど。時々思い返しては、待っているのだから。











[ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ]


[スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション]




---

- a kind of serial novel -

[“FOR GET”(フォー・ゲット)]

http://d.hatena.ne.jp/bluescat/




はてなブックマークに登録 | MyYahoo! に登録 | del.icio.us に登録 | livedoorClip に登録 | Buzzurl に登録 | Bloglines に登録

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20071111