bluescatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-29Scary Monsters このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 先日、奇妙な思いをしました。怖くもありました。

 朝、家を出る時、マンションのロビーで管理人さんと会いました。いつもでしたら、「おはようございます」「いってらっしゃい」なんて挨拶を交わすのみ、なのですけれど、管理人さんがなぜか手招きをします。

「○○(私の姓)さん、ちょっと」

 一体なんでしょう? 夜中に音楽かけていてうるさい、とか、なにか怒られるのでは。。と、妙にドキドキしてしまいます。うしろめたいことをしているのがいけませんね。

 聞けば、

「今朝、ケイサツの人が来てね、○○(私)さんと連絡が取りたいと言うんですよ」

 けケイサツ?! わたくし、誓ってケイサツ沙汰になるようなことはしていません! そりゃ、前の晩、酔っ払ってお取引先のかたに絡んだりはしましたが。。手は出していないはず!(当然)

「で、名刺を渡してくれって、置いて行ったんですよ」

 管理人さんが小さな紙片――名刺を出しました。裏には手書きの文字が書いてありました。



  「ネックレスの遺失はありませんか?」

   △△ケイサツ ××課□□□本部

   03-****-****

   内線 ****



 管理人さん曰く、「名刺の表には、◎◎ケイサツって書いてあるけど、今は△△ケイサツに籍があるので、そちらに連絡くださいとのことでしたよ」

 まったくなんのことか分かりません。言葉を失っていると、管理人さんは、

「まあ、何か大事件ということではなさそうだけど、連絡してみてください」

 と。私は、

「えっと、まったく心当たりがないのですけど……。そうですね、一応、連絡してみます」

 とだけ言って、そそくさと表へ出ました。管理人さんに怪しまれているかなあ、などと考えながら。

 昼休み、会社の人たちに早速そのことを話しました。すると、皆さん、好き勝手なことを言います。

「名刺見せて」

「うわ、なんか、紙がぺらっぺらじゃないですか」

「しかも、紙のはじっこがギザギザになってて、手作りっぽいっすね。偽物じゃないすか?」

 ギザギザというのは、ミシン目から切り離したっぽくなっているという意味です。

「でもさ、ちゃんとケイサツのマスコット(なに君っていうんでしょうね)も載ってるし」

「そんなもの、ネットでいくらでも拾ってこれるじゃん」

「住所も電話番号も載ってるけど?」

「そんなのもネットですぐ調べられるじゃん」

「ケイサツのホームページのURL(アドレス)が全角英字なのが、逆に本物っぽくない?」

「でも、なんで手作り風の名刺なんだろう?」

「経費削減なのかな」

「名刺は自前で用意しなきゃいけないんじゃない?」

「大変だな」

「まあ、名刺を置いていくくらいだから、本物なんじゃない?」

「でもさ、名刺の表と裏で違う署なのはあやしいよ」



 ……と、皆さん、いろいろなことを言ってくれます。

 わたしは自分の疑問点を挙げました。「まず、おかしな点が二つあります」と。

「一つ目。ネックレス。名前や住所が書いてあるわけでもないものの落とし主の候補に、なぜわたしが挙がるのか?」

「二つ目。ここ二ヶ月以上、△△(そのケイサツ署のある地域)には行っていない」


 自分で言っていて、こわくなりました。私は一体、何に巻き込まれているのだろう? どんなことが起こっているのだろう? と。


「たとえばさ、○○(私)さん家に泥棒に入って、ネックレスを持って行っちゃったんだけど、△△(そのケイサツ署のある地域)で別の家に泥棒に入った時に捕まって、『そういえば、どこそこにも泥棒に入りました』って自白したとかなんじゃない? それでケイサツが調べてるとか」

 泥棒に入られて気がつかないって。。何か盗られて気がつかないって。。

 まあ、確かに、玄関の鍵をよくかけわすれます。ネックレスはいくつか持っていますが、いちいち数えてないので、なくなっても気がつきません。……ていうか、ネックレス以外に盗るものがないのでしょうか。。

「それにしても、わざわざケイサツが捜査してるってことは相当高価なネックレスってことだよね?」

 高価なネックレス、いわゆる、“本物”のジュエリー ―― genuine jewelry ということですよね、ティファニーとかブルガリというような――というものをわたくしは持っておりません。。はい、持っているわけがありません。

 会社の男の子で、やけにいろんなことに詳しい人に聞いてみたところ、

「ケイサツは、まず名刺は置いていかないですね。普通、盗難とかの場合は、ここに連絡してくださいって紙を渡しますよ」

 どうしてそんなこと知ってるの? と尋ねると、泥棒に入られたことがあるからです、とのことでした。


 でも、とりあえず。。泥棒には入られていないと思います。。。というか、入られていたとしても盗られて困るようなものは。。。ないはず。。。。


「ネックレスで釣ろうとしてるストーカーとか?」

「なにか新手の悪徳商法なんじゃない? 高級そうなネックレスを目の前に出して『このネックレス、落としましたよね?』って聞いて、『そうですそうですあたしのです』なんて言っちゃったら、『拾得物に対する報労金一割ください』とか。で、ものすごい金額をふっかけてくるとか?」

「じゃあ、なんでわざわざケイサツの名を騙るんだろう?」

「……」

「ていうか、なんでネックレスなんだろう?」

「呪いのネックレスなんじゃない? それを首にかけると一週間以内に……」(貞子か!)

「それか、何かの事件現場にそのネックレスが落ちていて、持ち主を探してるとか?」(火曜サスペンス劇場ですか!)

「……」

 帰宅後、友人にも相談しましたが、やはり似たような意見。泥棒に入られた説が有力では?と。。こ、こわいです!





 整理すると、

 【奇妙な点】

 1. 手作り風の名刺

 

 2. 名刺の表のケイサツ署名、電話番号等と、名刺の裏に手書きされたそれらが違う(異動になったとのことだが?)

 3. 氏名・住所が書いてあるわけでもないものの持ち主の候補に、なぜ私が挙がるのか

 4. 名刺の表・裏どちらの地域にもしばらく(二ヶ月くらい)行っていない。

 5. ケイサツが捜査しているらしいネックレスとは? どれほど高価なものなのか? 事件性があるのか?

 6. ちなみに、事件に巻き込まれるようなところに行ったりしていない(本当です!)





 さて。どうしましょう。こわくて、連絡できません。。







 BGM: Duffy -‘I'm Scared’

namgennamgen2010/11/30 14:38簡単なことです。「電話帳に載っている所轄署」に電話して名刺の人物がいるかどうか聞くことです。居ればその人に内線で繋いで貰いましょう。該当者が居ない場合は偽になります。

bluescatbluescat2010/12/08 20:07そうなのですね。。
ありがとうございます!

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20101129