bluescatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-12-17Scary Monsters #2 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 【前回のあらすじ】:まったく心当たりのないことで、警察を名乗る見知らぬ人が自宅マンションを訪ねてきました。置いて行った名刺には奇妙な点も幾つか。真相はいかに……?(フィクションではありません)



 ◎未読のかた、よろしければこちらをお先にどうぞ!

 ■ 2010/11/29「Scary Monsters」

  http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20101129



 時間が経ってしまいましたが。。名刺の電話番号に連絡してみました。いくつかの謎は解けました。オチとしては、あまり大したことはないです。もし、お時間あればご一読くださいませ。。


~~~


 名刺の人に、連絡しなくては、と思いつつ。仕事がわさわさしていたので、うっかり忘れてしまい……、幾日かが過ぎました。

 いつものように、会社へ行く為に家を出ようとしたところ、またもやマンションの管理人さんが手招きをします。

「あっ」(思い出す私)

 管理人さん曰く、「先日の警察の人がまた来たんですよ」。その表情に特に不審な点はありません。

 私は、うろたえつつも、なんとか「そうでしたか」とだけ応えました。

 管理人さんは、

「なんだか連絡が取りたいみたいだから、一度連絡してあげてみてください」とおっしゃいます。

「そうですね、そうしてみます……」と応え、そそくさとマンションを後にしました。

 まずいです。こんなに頻繁に警察のかたに来られては。管理人さんに怪しまれてしまいます。

 もはや連絡するしかありません。

 ……ということで、意を決して、名刺に書かれていた電話番号に思い切って電話をかけてみました。

 さて、電話は名刺に書かれていた通りの警察署に繋がりました。良かったです。ぜんぜん違うところでなくて。

 最初、女性が出たので、名刺に書かれている部署名と男性の名を告げ、代わっていただきました。良かったです。「そんな人いません」と言われなくて。

 そして、電話に出た男性、声の感じからすると、40代から50代くらいのまじめそうな感じのかたでした。良かったです。想像の通りで。ぜんぜん違う感じの人が出たらどうしようかと思いました。

 ……と、いちいちビクビクしているわたくしです。。

 名乗ると、

「ああ、○○さん(私の姓)」と、電話を待っていた様子でした。そして、こう言います。「○○さん、◎月×日ころ、△△駅付近でネックレスを失くしてませんか?」

 まったく心当たりがありません。「いいえ」と応えると、

「そうですか……」と、ちょっと残念なような、予想通りというような、どちらとも取れる事務的な反応でした。そして、もう一度、「本当に失くしてませんか?」と訊くので、

「いいえ。失くしてません」ともう一度応えました。

 すると、「分かりました。わざわざご連絡ありがとうございました」と言って、電話を切ろうとするではありませんか。

 ちょっと待ってください!

 この数日間、恐怖のズンドコ、と言っては大袈裟ですが、一体何のことだろうと思い悩んだわたくし(そのくせ忘れてましたがw)、その原因を招いておいて、経緯などについて一切説明もなく、自分の中でだけ勝手に納得して電話を切ろうとするなんて。

 わたくし、あわてて言いました。

「あの~、ちょっと分からないのですが、何かの事件でしょうか? 何度も自宅にまで訪ねていらっしゃるくらいなので、そちらには重要なことかと思うのですけど、わたしにはまったく意味が分かりませんが……。あと、なぜ、わたしがネックレスを落としたかもしれないと思われたのでしょう?」

 言い方は丁寧(にしたつもりw)ですが、結構きっぱり言いました。すると、

「ああ、すみません」と一言謝罪があり、説明をしてくださいました。

 曰く……

 △△駅構内で、窃盗事件がありました。犯人は捕まえました。でも、持ち主が分かりません。

 その日、△△駅付近にいたと思われる女性に連絡を取っているとのこと。

 はい、わたくし、確かにその日(三ヶ月くらい前)、△△駅付近におりました……。

 なぜ、私がその日△△駅付近にいたのが分かったかというと、「この日、△△駅の駅ビルでクレジットカードで買い物しましたよね?」とのこと……。ええ、確かに、友人と食事をして、その支払いをカードでしました……。ワインを大量に飲んでしまって、お会計が結構いってしまったので……。

 どうやら、その日の近辺デパートや店舗でのクレジットカード利用履歴から、一人ずつ当たっているところだった模様でございます。でも、うちにまで来ちゃうなんて、ねえ……。よほど高価なネックレスなのでしょうか……。っていうか、事件解決のノルマなどがあって、必死なのですかねえ?



 というわけで。大したことなくて良かったです。もっとも、自分がいつ、何処で、何をしていたか、というのが簡単に分かってしまうものなのだ、という別のこわさを知りましたが。。悪いことはできないですね。

 SuicaPasmo(車に乗るなら ETC も??)、クレジットカードやおサイフケータイなどの電子マネー、携帯電話(の発信履歴)等々、便利なモノたちですが、自分の行動履歴をばらまく行為にもなっているのかな? と思ったりしました。まあ、知られて困るようなことはしてないつもりですが。。。便利さと引き換えにしていることもあるのかな? と考える、今日このごろでございます。



 ではでは。







 BGM: Elvis Presley -‘Suspicious Minds’

  (Elvis 33年振りの“ニュー・アルバム”より)

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/bluescat/20101217