愚民の唄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 03 | 08 | 10 |
2009 | 01 |
 

敵も愚民である

-愚民唯我独尊ごろくより-
 

2006-11-30 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

puyoppuyop2006/12/06 17:00やっぱり、この類の話で起承転結して、しかも、エログロバイオレンス総ざらえだと、尺不足な感が否めませんね。
思い切って、調子に乗った美嘉が、酔った勢いで肥田に話した寝物語的にモノローグにしてみたら面白かったのかもしれません。

次回、namgenさんの短編に期待(なんて、偉そうな^^;)

namgennamgen2006/12/06 17:10鋭い!
実は読みの通り続きはそうなってました。肥田はチンポ切られて絶命のエンディングだったのですが長すぎ。予感を与えるのが下手だったかも知れません。途中も大分書き直したモンネ。30枚越えちゃうモン。もう、エロとグロと血しぶきアソコ汁ヌルヌルだったのです。もっと徹底的に書きたかった。
コメントありがとう御座いました。

namgennamgen2006/12/07 16:48>noon75氏へ。
あ、感想、有り難う御座います。あの作のモチーフになった事件は実際に近いものでして鬼頭のモデルは実際の私です。ふふふ。実際は殺しは無かったのですが・・。刑に服すことになりました。読みの通り下劣非道の人生まっしぐらってところでしょうか。いつもこの酔っぱらいを相手にして頂き有り難いことだと思っています。目も少しづつ見えるようにもなってきたのでやりかけの仕事として完成させるつもりでおります。再度有り難う御座います。