愚民の唄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 03 | 08 | 10 |
2009 | 01 |
 

敵も愚民である

-愚民唯我独尊ごろくより-
 

2006-12-05

namgen20061205

[]血・死・エロ。 14:36 血・死・エロ。 - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - 血・死・エロ。 - 愚民の唄 血・死・エロ。 - 愚民の唄 のブックマークコメント

 早速id:h_cat:20061205:1165287563から批評を頂いた。ありがとう御座います。「軽いタッチ」と見抜かれてしまっているようだ。おまけに「中島美嘉」からヒロインの名をとったこともバレバレだし。あの酷薄そうで色情顔満杯が登場人物である美嘉にとってピッタシだった。

 さて「死」は隣り合わせの「生(エロス)」なのでどうしても自分の作からは離せません。また題名の「善なる人々」は仏典から来ています。「善」とは佛の世界においても他者への思いやりに欠けた「押しつけ」であると捉えている。つまりは弱者に対しての自己中と自己の優位性の誇示に他ならず、人に死さえ与えてしまうという「悪」そのものであるといえます。そのあたりのことを仏典では「人間はミミズ類以下」と教えているわけです。さてこれ以上は今は書かない。まだまだの「評」が待っているだろうから。とりあえずh_catに御礼の言葉を述べる。

 後日「評」が終えれば、このエントリに追加文を載せるかも知れません。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/namgen/20061205