愚民の唄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 03 | 08 | 10 |
2009 | 01 |
 

敵も愚民である

-愚民唯我独尊ごろくより-
 

2007-01-16

[]ダイアリィ市民の鋭い考察。 02:32 ダイアリィ市民の鋭い考察。 - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - ダイアリィ市民の鋭い考察。 - 愚民の唄 ダイアリィ市民の鋭い考察。 - 愚民の唄 のブックマークコメント

 「ブログ・バトル・ロワイヤル」に関して早々と批評(感想)が出てきている。ありがたいことである。

全体としての感想としては、陥穽という言葉に対してどのような印象を持っているのかがなんとなく伝わってきて良かったです。同じ言葉から「文学を意識して」抱くイメージもしくは物語が見える。お金を取れる文章かといえばそうではないと思います。「陥穽」と言う単語にはネガティブなイメージがあるのでしょうか。どの作品も寒々しいイメージがありました。これがもし「罠」だったらポジティブな展開の物語を書いた人もいるかもしれません。このネガティブなイメージのためか、文学者気取りの文章のような印象がぬぐえませんでした。文学って不幸なものを描くのがデフォルトなのでしょうか。芥川賞作家を目指している人のような文章も多数あったと思います。

順位をつけるなら、1位が「漬物蔵」2位「人殺しの血」あとは似たようなものということで。トラックバックによる投票は受け付けないそうなのでこのエントリはスルーされるでしょう。

 -2007-01-15 - やっぱり本が好き

それぞれの作については上記エントリの本文をお読み下さい。それなりの参考になるだろう。

ただし『芥川賞作家を目指している人のような文章も多数あったと思います。』は参考にしないように。。。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/namgen/20070116