愚民の唄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 03 | 08 | 10 |
2009 | 01 |
 

敵も愚民である

-愚民唯我独尊ごろくより-
 

2007-02-10

namgen20070210

[]オブジェとかコラージュとかで本屋さん巡り 03:19 オブジェとかコラージュとかで本屋さん巡り - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - オブジェとかコラージュとかで本屋さん巡り - 愚民の唄 オブジェとかコラージュとかで本屋さん巡り - 愚民の唄 のブックマークコメント

 最近本屋さんへまで出掛けるということが億劫になっているのだが、久しぶりにこの数日通っている。そして夜は読書というわけで寝不足気味になってしまっている。ゆえあって、参照資料のための本あさりをしている。最近乱読ぎみていうか久しぶりにこのような本の読み方をしている。思考の衰えからか読むスピードが格段に落ちたといえる。七年前の家出以来、前宅にあった昔読んでいた本をもう一度買い求めることが多くなった。これも仕方がないことだ。大概が文庫本で復刊していたりもするのだが、古本の類になったものも多く新刊書しか扱わない昨今の本屋に行ってもなかなか探すころのものが見つからないでいる。結局はアマゾンの古書関係で数冊注文することにしたのだけれども、一軒の古書店だけでは揃わず数軒に分散して注文となり送料分がかさむ結果になっている。

 復刻している単行本や文庫本、新書なんかにも目が行ってしまい何冊か買って読んでいる。特に目立ったところではハンス・ベルメールHans Bellmerの写真集「THE DOLL」が復活していたので購入した。それに伴い六〇年代の後半に美術出版社から刊行されていたパトリック・ワルドベルグPatrick Waldbergの「シュルレアリスム:Chemins du Surréalisme巖谷國士訳*1」が文庫本化されているのを知り、それも購入し現在読解中ってところです。 先日読んだ四谷シモン*2の「人形作家:新書版」が当時の文化風俗という視点で読み物としておもしろかったところから、あらためて自分が60年代後半から70年代半ばに刺激を受けたものに向かっていったのだろうとも思ってる。またこれとは別に最近造形作家*3の方と会う機会がありそのまま二人でコラボをしようか、ってなことになったという経緯もあり、いろいろ資料あさりということの意味合いもある。特に美術系に疎いことから基本的なことだけでもという気持ちもある。ま、年寄りの焦りと言えばそれだけのことに過ぎないのだけれども。

 書店へ行くと本来の目的物以外のものにも手が出てしまう。90年に刊行された吉本隆明と赤坂憲雄*4の対談集があらたに文庫本化されていたので、つい手が出てしまった。何を今更、天皇制云々かとは思うのだけれども立ち読みをした感じではやはりじっくり読んでみるか、という気分になったのだろうと思う。その他復刻版アーヴィングウォーレス, Irving Wallaceのエンターテーメント関係「THE WORD」も上下二冊。読み終わるのに二晩かかった(笑)。ところで関係ないと言えば関係ないけど、イエスついでで「新約聖書」の新共同訳ってのは訳としては最低だな。全然ダメポ。やはり自分は岩波書店*5の方が数段美しいわかりいいと思う。

f:id:namgen:20070210115209j:image

ゲイジュツカやまとさんと深夜にまで話が白熱した。

no title

ザ・ドール

ザ・ドール

人形作家 (講談社現代新書)

人形作家 (講談社現代新書)

シュルレアリスム (河出文庫)

シュルレアリスム (河出文庫)

新約聖書 福音書 (岩波文庫)

新約聖書 福音書 (岩波文庫)

天皇制の基層 (講談社学術文庫)

天皇制の基層 (講談社学術文庫)

*1:巖谷の文庫本化に当たってのあとがきを読むと68年当時の訳をまた手を加えてより読みやすさにつとめ、訳注や資料関係を増補している。底本は1965年仏語版。

*2:四谷シモンについてはウィキペディア(Wikipedia)を参照。クリック

*3:デザイナーであり、演出家であり、人形作家であり、コラージュ作家でもあるという多才な人なので仮の呼称ではある。彼の方で絵コンテが出来次第打ち合わせに入り自分なりの役割を果たそうと思っている。彼の作る人形等はここをクリック

*4:1953年生まれ。東北芸術工科大学教授。「王と天皇」、「柳田国男の発生」などの著書がある。民俗学専攻。

*5:新約聖書「福音書」塚本虎二訳に慣れている所為なのか。マルコ16,ルカ23,ヨハネ20を読み直して訳者の存在感を感じ入っている

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/namgen/20070210

2007-01-29

namgen20070129

[]愚民的謝辞 22:42 愚民的謝辞 - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - 愚民的謝辞 - 愚民の唄 愚民的謝辞 - 愚民の唄 のブックマークコメント

 「ブログ・バトル・ロワイヤル」を終えてとりとめのない事等を書くことになりますが、やる前、やってから、終了してから、に大まかにわけても、愚民である自分の予想はほとんどハズレた。原因はいろいろといえるがブログ界の一端を垣間見せてもらったと思う。「無効投票」が出るんじゃないかと心配している自分の「滑稽」さがそれを表していると思う。もともと小難しく考えてもどうにもならなかったことでしかないのだと思う。以下自分の気持ちを書かせていただく。

 akkyさん、「日々是自己主張的BBR審査結果発表」を読ませていただきました。嬉しかったです。ittuanさん、「"ブログ・バトル・ロワイヤル"の審査結果を発表します」においての読解ありがとうございます。まさしく「陥穽」は他人が仕掛ける罠というような単純なものではありません。まさしくあなたが読解したように、自分自身が抗いようもない自分自身で縛されてゆく落とし穴のことです。さすが、お二人ともnoon75氏が選んだ客員審査員だと今回お二人の評を読み、思い知らされました。野次馬世界でイベント、イベントと騒いでいる中に於いて最後まで真摯な姿勢を取っていただきエントリ参加者全員が感謝していると思います。改めてお二人に感謝いたします。akkyさんの以下の言葉はずばり受け取らせていただきました。

みなさんお忙しそうなので致し方ないことですが、企画立ち上げから結果発表まで1ヶ月以上というのはネット上ではかなり長期であり観衆の興味が薄れるのに十分な時間だったのでは。僕個人はとても面白かったですが。

 このあたりを理解しながら一種の無理解性の上で繰り広げた今回の「ブログ・バトル・ロワイヤル」、無謀といえば無謀、痴れ言といえば痴れ言ではあります。視る前に跳べ、ということがこびりついている者はやはり今回のように跳ぶんだと思います。そして後日に渡って我々参加者の心の中でかけがえのないものをきっと残してゆくのだろうと思います。またブクマ投票をされなかった一般の方々の言葉無き言葉にも感謝いたします。罵りを承知の上でスタートした事についてのおおかたの方の御理解があったものと解させていただきます。また様々な評をリファを介して拝見させていただきました。全くもって的確な評が多かったと思っております。一つのエントリが読む人の心の中で波打つことがあるということを信じていわゆる上手下手を超えたところで参加者は全力を尽くしました。読み解いていただき改めて感謝いたします。

 いろいろな方々の評を取り上げたいのですが今回ベストと選ばれた「漬物蔵」に対する優れた評として私はS嬢氏(id:satomies)の女としての視点からみた深い洞察力をあげたいと思います。「母性愛やら、そこに潜む罠やら - S嬢 はてな」のエントリは男にはない視点、しかも人間として普遍的で原生的な関係にまで至る言及に一種の驚きを感じさせていただきました。書く者にとって常に書くものが独りよがりという位相を越えたところにあるものを描きたいという無意識な欲望があるものだと思います。それをあなたなりの読解力というか、あえていうならば直観とか共感とか言われる中のあなた自身の持ちうる感性で逆に作品を自らに引き寄せてしまうという妙技を見た思いでした。見事に深い読解ありがとうございました。

 さて話は変わりますが偶然なのかどうかは別として上位の三エントリについては共通した「項」が潜んでいたと思います。それは抗いようもない人間の「血」の問題であり原生的な人間の関係から来る疎外という問題であったと私は思いました。それぞれの手法も違いながら上位に選ばれたことはそれぞれのエントリが選者の目に共感を超えた何ものかを訴えたからだと思っています。

 わたしは以前誰かの言葉*1であったとは思うがこんな事を書いていた。

ある時代に生まれた人間は既にその時代の世界を選択している。それはその人間における存在のあり方であるといえよう。これはとりもなおさず人間のありようが世界との関係でしか述べれないということをあらわしている。

  -「試論-翻訳詩とはなにか」

 これが人間の持つ本来的な呪縛である。世界との関係を描くということは自分を描くということなのだと思います。

※写真は古き人々*2

*1:忘れているが、多分吉本隆明ではないかと思う。思い込みかも(笑)

*2:前列サルトル、カミュ、レリス、ジャン・オービエ。後列ジャック・ラカン、セシル・エリュアール、ピエール・ルヴェルディ、ルイーズ・レーリス、ピカソ、オービエ夫人、ヴァランティーヌ・ユゴー、ボーヴォワール、ブラッサイ。拡大するにはここをクリック

ao_lazwardao_lazward2007/01/30 00:15お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。戸惑いも初めての経験も多い「ブログ・バトル・ロワイヤル」でしたので、期間中は見えていない部分も多かったのですが、こうして終えてみるとあらためて反省点が自分の中に浮かび上がりつつあります。また、自分自身が参加したことで皆さんの作品をこれまでとは少し違う目で読ませていただいたこと、初めてお邪魔したブログやブクマが多くあったことなど、いろいろな面で収穫がありました。書くことへの苦手意識は相変わらずありますが、それを何とかしたいという気持ちは一層強くなったように思います。

namgennamgen2007/01/30 10:45>蒼さん
 よく頑張ったね。晒される体験は一番自分というものが見つめられると思いますよ。京女の芯の強さを目指して下さい。今後も期待してます。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/namgen/20070129

2007-01-28

namgen20070128

[]「ブログ・バトル・ロワイヤル」結果発表 13:45 「ブログ・バトル・ロワイヤル」結果発表 - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「ブログ・バトル・ロワイヤル」結果発表 - 愚民の唄 「ブログ・バトル・ロワイヤル」結果発表 - 愚民の唄 のブックマークコメント

「noon75氏からの挑戦状」から端を発した「ブログ・バトル・ロワイヤル」を昨日無事終え結果は以下のようになりました。エントリ参加者、客員審査員、野次馬ブクマ評者、並びにメール投票評者、全ての皆さんに愚民を代表して感謝の意を表します。

rankingタイトル名審査員投票 野次馬投票 メール投票 合計数 
 1位「漬物蔵」id:susibar  3  3  1  7
 2位「HOME」id:h_cat  4  1  1  6
 3位「人殺しの血」id:noon75  5  0  0  5
 4位「浄土」id:namgen  4  0  0  4
 5位「村山たか女が見た淵」id:ao_lazward  3  0  0  3
 6位「愚かな女」id:deepred_9  1  1  0  2
 7位「スッタニパータ」id:agrico  1  0  0  1
 7位「睦月」id:otama-neko  1  0  0  1
 8位「修羅の門」id:BOBOBO  0  0  0  0
合計数 9エントリ  22  5  2  29

 賞品も賞金も出ない愚民企画であったけれど、なんかが終わったという気持ちに覆われている。また参加者の一人として苦しくもあり楽しくもあった。後日私自身の感想を書きたいと思っている。