愚民の唄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 03 | 08 | 10 |
2009 | 01 |
 

敵も愚民である

-愚民唯我独尊ごろくより-
 

2008-03-07

ダリとマン・レイ

[]像の飛沫現象のくりかえし 16:10 像の飛沫現象のくりかえし - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - 像の飛沫現象のくりかえし - 愚民の唄 像の飛沫現象のくりかえし - 愚民の唄 のブックマークコメント

 Bloggerの方も久しぶりに更新した。

「希望と同じだけの挫折を実現する錬金術師たち」

 話は少し変わりますが個人的には余った時間は創造的作業を行うべく、下書きや修正や、時と場合によってはダダッと一気削除なんかの繰り返しなどをしておりました。遅筆といえばそれまでのことでしか有りませんがイマージュの持続ほど難しい問題はないと思っております。ぼくの場合はどちらかといえば書いてゆくスピードは早いほうだと思っておりますがそれは時間というものに恵まれていてこそ書き進められるものであり幾度かの中断を浴びると所謂像の飛沫現象に見舞われることになり惨憺たる思いに陥ることも数え切れないほどありました。それはきっと皆さんも同じ経験をされていると思っております。そういう時は思いっきり気分の転換を図り、批評のメモなどを書いたりして陥っていく意識の立て直しなどを図っています。ま、それがいいことかどうかまでは分かりませんがぼくにとっては向いている方法のひとつではあります。

2007-12-23

namgen20071223

[]文庫本は苦手 10:56 文庫本は苦手 - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文庫本は苦手 - 愚民の唄 文庫本は苦手 - 愚民の唄 のブックマークコメント

 目の老化がどんどん進んでいて細かい活字の判読が貧しくなってきた。蔵書というほどではないのだが殆どの本が前妻宅に葬られているのでいろいろな不便さを囲っている。代わりに文庫本などを参照しているが所詮文庫本でしか無く、海外物などは新訳にすり替わったりしていて頭の中のイメージとのズレに苦しんだりしている。シニフィエの変容というべきなのかどうかは微妙だが翻訳者も若返っているということの意味は様々錘を垂れ下げている。

f:id:namgen:20071223121922j:image

※写真は古き時代のカフェ・ド・フロールの風景

左からサルトル、ボリス・ヴィアン、ミシェル・ヴィアン、ボーボアール

カフェ・ド・フロールについては参照:「カフェ・ド・フロール」

akky20050605akky200506052007/12/23 12:45あ。クリリン発動ですねw
twitterのくだりは全然違う方面を念頭においてました。
でもこれ、書いてる僕自身にも多分に当てはまってしまうところがミソです。
まさに「おまえが言うな」ですw
「原文」に合うようにフレーズをひねり出しただけなので、
もともとあまり深い意味はないです。
イライラもしてません。
コンポラでは久々更新ですが、
「日々是」ではだいぶ頻繁に書くようになりました。
楽しんで書いてますよw

namgennamgen2007/12/23 13:09ぼくも久々の更新なのであまりヒトのことは言えないのです。
きょうのエントリィはtwitterとある部分では連動しているのです。イミフ。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/namgen/20071223

2007-05-28

[]生きるも地獄、堕ちるも地獄、ってオソロシイ 23:18 生きるも地獄、堕ちるも地獄、ってオソロシイ - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - 生きるも地獄、堕ちるも地獄、ってオソロシイ - 愚民の唄 生きるも地獄、堕ちるも地獄、ってオソロシイ - 愚民の唄 のブックマークコメント

「虚業余聞」とかですが。

 みなさん買って、いやいや、レンタルになればそれでもいいです。製品版がもうじき送られてくるようだが、スゴイ写真だな。驚いちゃったよ。

 ようやく7月に出るということでアマゾンにリンク向けました。ということでご協力お願いします。早過ぎか(笑)

 制作元のGPミュージアムは以下のリンク先へ行き新作情報「7月リリース作品」をクリックすればジャンプします。つまり予告編が見れます。

 404 File Not Found

闇金の帝王 [DVD]

闇金の帝王 [DVD]

h_cath_cat2007/05/30 02:182年を経てようやく、ですね。『俺の名は南無玄之介…』とクレジットされる気分はいかがですか! こんなスゲー快挙、地元では滅多にないことだって言うのにダークなだけに大っぴらに宣伝できないという歯痒さってばないですわマジで。CAP(シーエーピー)に知り合いもいるってぇのに。笑 
もぉ小沢さんに来てもらってサイン会でもなんでもやって手売りしませんか!?近所のTSUTAYAには私が交渉しますから!

たまたま2007/05/30 07:27はじめまして。
待ってました。ほんとに待ってましと!
こちらのブログでこのお話しを知って以来、小木茂光さんつながりで(ファンなので)DVD心待ちにしてました!楽しみです!
もう、購入予約しちゃいましたし(笑)届きましたら、感想も報告いたしますね。

namgennamgen2007/05/30 14:34>h_catさん
 ダークなので難しいかも。それに本人は文化人という意識もないと言うところがミソですね。CAP(シーエーピー)は金沢資本だし、地元新聞文化出版部は可愛い奥様向けですし、つまり嵌りようがありませんね。小沢さんサイン会は供給会社の許諾権問題が出てくるし、なんだかんだで資本の論理が貫徹しているってことですよ。ブログみたいな一種のローカルなところでボソと言っているしか有りません。

namgennamgen2007/05/30 17:41>たまさん
どもです。アチラでコメントしました。今後とも宜しくお願いいたします。

たまたま2007/05/30 21:12先ほどはありがとうございました。現場の撮影中以外の小木さんを見るってことはできないので感動ものです。
小木さんってことを除いても任侠系?ヤクザさんやチンピラさんの闇社会系の映画大好きなんで(女なのにイイのかな~?)
小沢さんの男臭さも。ブログ内で拝見した南無さん、小沢さんに負けてないですよね~。カッコイイですね~。

たまたま2007/07/27 23:27「闇金の帝王」面白い作品でした。面白いと言っていいかどうか・・・という怖くて、哀しい世界でしたが。現実なわけですよね。
ヘンに暴力シーンが多かったりお色気シーンがなんてことがなく、心理戦のせめぎ合いが息詰まる・・・重々しい男臭い世界を絞り込んで簡潔に描かれていて。
そしてその男達を愛する女達は哀しいな~と。そうですね、全体として激しい世界なのに切なく哀しい思いが心に残りました。
続編などの予定はあるのですか。もしあるようでしたら楽しみです。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/namgen/20070528