愚民の唄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 03 | 08 | 10 |
2009 | 01 |
 

敵も愚民である

-愚民唯我独尊ごろくより-
 

2009-01-23

namgen20090123

[]吉本隆明の「中学生のための社会科」 11:17 吉本隆明の「中学生のための社会科」 - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - 吉本隆明の「中学生のための社会科」 - 愚民の唄 吉本隆明の「中学生のための社会科」 - 愚民の唄 のブックマークコメント

 ここは久しぶりの更新になる。ひょっとしたら「はてなG」においても今年初のエントリになるのかも知れない。というわけで皆さんお元気でしょうか。

 昨年11月の「南無の日記」でもとりあげた吉本隆明の『中学生のための社会科』について再度言い足らなかったところを若干付け足して述べてみたい。もともとはミヤタさんのブログ「老いについてもう一度」-miya blog(要介護4の妻との介護&どたばた生活)2008年10月09日 -を読んで興味を持ち始めたのが動機である。この本に対する吉本の思いは巻頭に記されている。吉本隆明が後期の人達に対するおもいのすべを伝えるために引用文としていささか長いのかも知れないが巻頭文の「全文」を下記に転載した。

 はじめに

 この本の表題として『中学生のための社会科』というのがふさわしいと考えた。ここで「中学生」というのは実際の中学生であっても、わたしの想像上の中学生であってもいい。生涯のうちでいちばん多感で、好奇心に富み、出会う出来事には敏感に反応する軟らかな精神をもち、そのうえ誰にもわずらわされずによく考え、理解し、そして永く忘れることのない頭脳をもっている時期の比喩だと受け取ってもらってもいい。またそういう時期を自分でもっていながらそれに気づかず、相当な年齢になってから「しまった!」と後悔したり、反省したりしたわたし自身の願望が集約された時期のことを「中学生」と呼んでいるとおもってもらってもいいとおもう。

 ただ老齢の現在までにさまざまな先達、知人、生活、書物などから学んだり刺激を受けたりしたこと、体験の実感から得たものがたくさん含まれているが、すべてわたし自身が考えて得たものばかりで、模倣は一つも含まれていないつもりだ。これがせめて幻想を含めた「中学生」にたいする贈物だとおもっている。

 さあ、このくらいにしてあとは読者の理解や誤解の「自由さ」にまかせよう。

  2004年12月 吉本隆明記

 -はじめに「中学生のための社会科」より-

 この巻頭文を読んだ時に本年1月4日教育テレビで放映されたETV特集『吉本隆明が語るー沈黙から芸術まで』で見せた彼の妄念みたいなものを了解し、老いてはいるが思考ということに関しての極を我々に見せつけたのだと思った。この本についても簡易に書かれてるゆえの重たさみたいなものを感ぜずには居られなかった。

 大まかに言えば三つに分けられた章になっていてそれぞれを独立したものとして読むことも可能である。「第1章-言葉と情念-」となっていて詩作や詩表現から始まり古典に拠る日本語としての言語論も含めて我々にとって馴染みのある『言語にとって美とはなにか』で述べられてきたことの真髄が簡潔に述べられている。「第2章-老齢とは何か-」においては身体と意識の乖離からくる老いの認識についての識知とされているものへの批判的止揚として自らの身体とそれに伴う意識の現象において私達にとって非常に興味のある分析を行っている。特に72歳だったか、ちょっと失念しているが吉本自身が静岡の海岸で溺れた時の事後記録【溺体体験以後の後遺現象】については譫妄体験を語っていて、私が正月早々体験した前妻の低温療法手術後の譫妄現象と重なり個人的にも非常に惹かれるものがあった。また「第3章-国家と社会の寓話-」に於いては国家、民族、社会という共同体のはざまで生きるにあたり、共同性と個人という生き方にまで言及している。またこれらの章は吉本隆明を少しでも読んだ者にとっては既に聞き慣れた内容も含まれている。或る意味では吉本隆明の大著である『言語にとって美とはなにか』asin:4041501067であり、『共同幻想論』asin:4041501016であり、『心的現象論-序説-』asin:B000JA0LDMで述べられてきたものと重なり合うと見る向きもあるかも知れないが一つの情況論として捉えるなら、より現在的であり優れた著作として読むことが出来るだろう。いうならば決して大著ではないが一種の飲み物としてたとえるなら濃縮ジュースみたいなものであり、初心者にとって難解な言葉を選ばず核なる部分を出来るだけ平易さを意識されて書き下ろされているのではないかと思う。だからといって取り上げられている項目内容の質については決して普通で言うような平易なレベルでもないところがミソではある。

中学生のための社会科

中学生のための社会科

WilliamextitWilliamextit2017/06/22 05:41?How to write down a helpful Ucas personal statement for university
19 September 2016 • 7:00am
'The secret to finding ahead is receiving started'. Whether, the American writer Mark Twain reported this or not is up for discussion. What will not be up for discussion, however, is the truth behind the expression, mainly when it comes to personal statement creating.
F or sixth-formers returning to school after the extended summer break, university can look a longer way off. Twelve months of lessons, revision, exams and successes stand relating to you and departure, so you could be forgiven for thinking which you have all the time inside the world to comprehensive your software.
As the Ucas university software deadline i s continue to a number of months absent, January 15 will arrive before you know it and becoming started now will mean you won’t be scrambling about from the weeks after Christmas.
To start out with, it is a awesome idea to get your head round the assorted aspects in the software which you will will need to total before you can still click send.
F irst, you will ought to register with Ucas and enter your personal details. You will then be able to apply for up to 5 courses. Make sure you cross reference the course specifications with your predicted grades and A-level choices so you won’t get rejected before you have even taken your exams.
You will then be asked to detail your education and qualifications to date and to give details of any jobs you have had. It is also a smart idea to nail down who will be providing your academic reference as soon as quite possible - make sure you give your teacher enough time to allow it to be a useful an individual.
Finally, before you post your software, you will be asked to include your personal statement. This is your chance to convince your university or college that you choose to are the right person to study their course.
For some people, composing a personal statement will come easily. But for those who are feeling daunted about the prospect of putting four,000 characters together, you may be not alone. As Stuart Balnaves, head of learner have at Ucas, puts it: “Those three words - Ucas personal statement - can stike fear into students’ hearts", but there are ways to make the procedure easier.
T o get started with, jot down reasons why you intend to study your chosen course. Is it a new passion or an old interest? Ended up you inspired by something you read through or does it lead towards the career you would at some point like to pursue - in which case, what is it that appeals to you about that career?
Secondly, think about what you can easlily say you have done to demonstrate why that you're passionate about this particular subject. Have you taken part in the society or club exterior of school? Do you enjoy reading about your subject, if yes, what books particularly interest you and why?
Have you worked in any roles that help with skills that universities would probably get hold of appealing? Have you helped fellow students at school, have you volunteered or undertaken give good results practical experience in the discipline?
“The optimum statements will display that a student is interested from the subject; that they've studied it, that they've developed an interest it in outdoors school, which they're developing their skills and abilities outdoors academia,” says Liz Hunt, undergraduate admissions supervisor for the University of Sheffield.
H owever, she advises students to avoid rambling: “Some try to tell you their life story,” she continues, “sometimes this is very useful, nonetheless it needs to be relevant rambling, it needs to tell admissions tutors why you have decided with a particular subject.”
James Williams, lecturer in education with the University of Sussex, agrees: “Admissions tutors are seeking to see that you just have an understanding about the course you happen to be applying for,” he says. “Content of courses will be different at different universities, so we do not search for applicants to be too unique, but candidates should look and feel for very common topics and address these.”
The key is balance. Contrary to what Oxbridge demand, most universities will start looking for candidates to split their statements amongst their academic achievements and their extra-curricular pursuits - if these are relevant to your chosen degree, all the superior.
H owever, as Williams says, do not go overboard. “The mistake people make is to mention too a variety of clubs,” he says, “it makes us question how dedicated you’ll be to your study or do the trick. Pick some key extra-curricular activities and think about the skills they give you and feed that into what you might be doing.
“Avoid the vacuous statement,” he adds, “the statement that appears to be to say a lot, but actually says nothing by any means, for example ‘I am a people person; committed to doing my ideal at every opportunity’.”
Inventory phrases should be avoided in the slightest degree costs, and applicants should also be careful not to exaggerate their achievements. Be warned; if you decide to are invited to interview, you should expect to be quizzed on what you have reported in your own statement. White lies won’t impress anyone and can become pretty obvious pretty instantly below pressure.
Applicants should also avoid copying anyone else’s statement or taking inspiration from the internet, says Balnaves. Ucas takes advantage of a program called Copycatch to identify similarities in statements and notifies the universities if it picks up anything suspicious.
Balnaves also urges students to assess their statements for spelling and grammar and to apply in very good time. “We probably get about ten for every cent of our apps within the last week,” he says, “but it is most reliable to give yourself some breathing area. The perfect advice it is possible to get is from the family member or a teacher, examine it aloud to them so you haven't missed any crucial bits.
“Write about what makes you unique," he continues, "only you know your unique selling points. Ask yourself ‘what makes me different, what will I bring to the university and what will I get out of it?’”
It is important to remember that not only will your personal statement be employed while in the initial system of making an offer, it could also be second hand within the finish within the software cycle should you miss the grade necessities.
As Hunt says: “The personal statement is something tutors will use to remind themselves why they made you the offer with the for starters site if things really do not go to plan - they may well give you the benefit on the doubt.”
With this in mind, it is worth putting inside of the extra effort now, to give yourself every chance of success.
Dos and Don’ts of personal statement creating
DO check for spelling and grammar - get your parents to double check and then check again
DO link your extra-curricular pursuits with your course choice
DO exhibit your teachers a draft for starters - so you will know what to change in plenty of time
Really don't leave it until the last minute - try to post the software before Christmas
Really don't use suggested synonyms unless you’re sure what they mean
Do not be tempted to exaggerate what you’ve done
Never talk about certain universities, only talk about the subject

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/namgen/20090123

2008-08-13

namgen20080813

[]アデンからハラルへ-「ランボー、砂漠を行く(アフリカ書簡の謎)」- 16:57 アデンからハラルへ-「ランボー、砂漠を行く(アフリカ書簡の謎)」- - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - アデンからハラルへ-「ランボー、砂漠を行く(アフリカ書簡の謎)」- - 愚民の唄 アデンからハラルへ-「ランボー、砂漠を行く(アフリカ書簡の謎)」- - 愚民の唄 のブックマークコメント

 アルチュール・ランボー(Jean Nicolas Arthur Rimbaud)が若くして、いわば詩作を放棄して、アラビアのアデンへ旅立ち貿易商社に従事し、その後アフリカのアビシニア(エチオピア)に渡ったことは広く知られている。そしてそれは一種のランボーの謎となって、さまざまな論究が為されていることも承知している。しかし、やはりこれは謎なのであり、凡人の想像力をくすぐる文学上のミステリィとも言えるだろう。

 さて、この書はまさしくランボーがアデンとハラル間を行き来し、最後の地として故国マルセイユの地で妹イザベルに看取られながら37歳で亡くなるまでの書簡を文学的想像力によって出来るだけ時空間を拡張せしめた労作であるといえる。また、ランボーの「詩」と「書簡」との間にある、つまり、詩作をやめた21歳からアデンに始まりマルセイユで終わる個人史的時間の前後差をその関係の絶対性とも言うべき中からランボーの繰り広げた詩的言語空間に逆照射させてみせたものでもあるといえよう。著者鈴木和成氏がいみじくもランボーに取り憑かれるように惹かれ取り組んできた中で思念に残るものをその本書の「追い書き Voici la date mystérieuse」の初頭で『私はランボーをいつでも”終わり”から読んできたような気がする。』と書き記している。まず謎を解く「アフリカ書簡」がはじめにあり「地獄の季節」、「イリュミナシオン」があったという鈴木氏の気持ちがそのまま「ランボー、砂漠を行く」に結実化したものと思われる。

 また、彼の師である井上究一郎教授*1 との研究室でのやり取りも一種の禅問答のようで興味深く、研究者としての井上究一郎の凄さを窺わせる。

 「ここに神秘な日付が来る Voici la date mystérieuse」とマラルメは言う。ランボーにおいて詩が終わり、沈黙が始まる時期のことを言っているのである。詩が沈黙と触れ合い、共鳴し、沈黙へと身を譲り渡す時期、私にはランボーの問題はそこにしか見つけられなかった。修士論文の指導教官だった-今は亡き-井上究一郎教授の研究室で、そんなランボー論を書きたいというと、教授は「ランボー論を書こうなんて思ってはいけない。ランボー研究だよ。」と釘を刺された。私は百冊以上の研究論文を読み通し、ランボーの詩が沈黙と触れ合う「神秘なdate」について諸家が述べるところを探索し、カードに採り、それらの資料を元に「『イリュミナシオン』の成立と詩人の死」と題する論文を提出した(これは『ランボー叙説-「イリュミナシオン」考』として1970年に一書となった。)

 その後も、ランボーにおける「神秘なdate」は私に憑いてまわることを止めなかった。

(後略)

  -追い書き Voici la date mystérieuse「ランボー、砂漠を行く」鈴村和成著より-

 後日それは研究室に閉じこもる「研究者」井上究一郎教授から鈴村氏に至る中で確かに鈴村和成氏の「ランボー論」の中核を占めるようになっていったのである。「文学者」鈴木和成の誕生とも言うべきものなのだろう。それは後に続く言葉にいみじくも表れている。

 言うならばランボーはアフリカ書簡の一通毎に詩の放棄を行っているのだった。そこに詩があるとするなら、砂漠に風が描き出す風紋に似たものだっただろう。そこでは生成と風解が同時に進行しているだろう。ランボーの詩はそのように詩の放棄と背中合わせになっていた。

 ランボーが詩を棄てた”時”というものは、もしそのような時があるとするならば、それは砂漠の砂のようにどこまでもちりちりに手のうちからこぼれ落ちてゆくものであるに違いなかった。ランボーにとっての時とは、詩の放棄そのものではないかと思われた。

※仏語の出来る方は右記サイトへ:「アルチュール・ランボー書簡集」(1870-1891)

ランボー、砂漠を行く―アフリカ書簡の謎

ランボー、砂漠を行く―アフリカ書簡の謎

*1:井上究一郎(いのうえきゅういちろう、1909年9月14日 - 1999年1月23日)は日本のフランス文学者、翻訳家、エッセイスト-ウィキペディア

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/namgen/20080813

2008-03-07

ダリとマン・レイ

[]表現の極北の薄ら寒さ 17:38 表現の極北の薄ら寒さ - 愚民の唄 を含むブックマーク はてなブックマーク - 表現の極北の薄ら寒さ - 愚民の唄 表現の極北の薄ら寒さ - 愚民の唄 のブックマークコメント

 最近読んだ本や読んでいる本など。書評など書く柄ではないので自分のためのメモの参考みたいなものでしかないが意外と拾いもの的な小冊子もあった。特に吉本隆明の『詩とはなにか(詩の森文庫)』は言美*1と併走した時代に書かれたものを意識的にセレクトしているので或る意味では言美という大著の補完的な読み方も出来るし単体の新書としても読めるというおいしさが満タンであった。また『戦後60年<詩と批評>総展望(現代詩手帖特集版)』は難解だといわれている現代詩の内側を各詩人の優れた「詩論」(1945-1994)を取り上げながら表現の極北とはなにかを記録しているという意味では貴重な雑誌といえよう。また巻頭にある現代詩人(北川透+瀬尾育生+城戸朱理)の対談も興味深く読める。その他今月買ったものとしては『続・北川透詩集 (現代詩文庫) 』、死後出版された『渋沢孝輔全詩集(思潮社)』が欲しかったけど高くて買えないので(笑)『渋沢孝輔詩集 (現代詩文庫)』、『菅谷規矩雄詩集(現代詩文庫) 』など購入。

 他には読みたい本がゴマンとあるのだが絶版本が多い。なので高いし無いし、ということであります。

詩とはなにか―世界を凍らせる言葉 (詩の森文庫)

詩とはなにか―世界を凍らせる言葉 (詩の森文庫)

続・北川透詩集 (現代詩文庫)

続・北川透詩集 (現代詩文庫)

菅谷規矩雄詩集 (現代詩文庫)

菅谷規矩雄詩集 (現代詩文庫)

*1:『言語にとって美とはなにか』