風呂場猫のハタ織り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-01-Fri5月の作品

[] 山間道路  22:13  山間道路  - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  山間道路  - 風呂場猫のハタ織り  山間道路  - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント


以前、少し書いたが。

http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20061115

送迎の車の中で手紙の束を渡されたことがある。



誰にも内緒で、手紙を読んでそのあと燃やしてくれと頼まれたのだ。

老いてはいるが、近衛兵だった頃の面影を残した堂々とした声で、

確かにお願いしましたよ。と念を押された。



家に帰った私はそれを少し読んだ。

でも、その先を読みすすめることができず、

かといって、燃やしてしまうのも怖くて

そうっと引き出しの奥にしまって、鍵のかかる音を確かめたきり、

約束はまだ果たせていない。



彼はもうすぐ90歳になる。

この半年の間に、がたっと老け込んだ。

長々と後部座席から説教をすることもなくなった。

時折、ろれつの回らない声で、思い出の断片を語ることがあったが

それも少なくなってきた。

たまに泣く。


誰にもわかりはしないのだ、ここで降ろせ!降ろさんか!と吠えて暴れる。


私は運転席を降りて、バンの後ろのドアに走りよる。

無理矢理に降りようとする巨体を押し戻して、隣に座る。

肩を抱き、さする。手を握る。

どうしていいかわからず、背中を撫で続ける。

落ち着くまで、しばらくの間、黙ってそうしている。

たまに泣く。


ぼやけてかすむ、広大な段々畑はすべて彼の持ち物で、

くねった農道に車を停めて、べそをかいた二人の子ども

日暮れまで、白い花の香に身をゆだねている。



[] 新作アップしました。 22:13  新作アップしました。 - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  新作アップしました。 - 風呂場猫のハタ織り  新作アップしました。 - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント


今月の課題に、なんとか間に合いました。

      ◆ 弥生『梅うぐいす』


入院中のベッドで、紙と鉛筆で書きはじめたのが最初でしたが、毎日書いては消しで、たったこれだけ書くのに、おそろしく時間がかかってしまい、自分でも、なんて鈍臭いのだろうと情けないです。まだまだ推敲を続けたいと思っていますが、一度くぎりをつけてアップしました。書くことはなかなかです。でも、少しずつ進歩していきたいものです。



絵は四つ切りサイズのケント紙に描いています。

家のスキャナには入らないので、デジカメで絵の写真を撮って、それをトリミングして使いました。



      f:id:otama-neko:20070531061722j:image

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20070601