風呂場猫のハタ織り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-10-Sun忌明け

[] 羽根ペンでラクガキ 00:14  羽根ペンでラクガキ - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  羽根ペンでラクガキ - 風呂場猫のハタ織り  羽根ペンでラクガキ - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント

f:id:otama-neko:20070610234844j:image


土曜日、道ばたに落ちていた鴉の羽根。

鼻を近づけると乾いた毛皮の匂いがした。

犬のに似ている。もしかしたら、狼の匂いって嗅いだことないけど、

こんなじゃないのかしらと思ってみたり。

インクをつけて、ちょっとラクガキしてみた。

なんだか楽しい


f:id:otama-neko:20070611000709j:image

akky20050605akky200506052007/06/11 00:57烏の羽で絵を描いちゃうなんてすごいですね。
僕も子供のころに飼ってたインコの羽(抜け落ちたやつ)で字を書いたことはありますけど。インコの羽はほとんど無臭でした。やっぱり野生の動物の匂いは違うんですかね。

otama-nekootama-neko2007/06/11 01:17インコ!鳥かごの前で座り込んで字を書くアッキー少年の絵が浮かんじまいました。眼鏡とサスペンダーの半ズボンの男の子。で、やっぱり羽根の匂いを嗅いだのですね(笑)
さっき描いてて思ったんですが、鴉の羽根って線に味が出て面白いです。ちょっと遊んでみます。

akky20050605akky200506052007/06/11 09:12眼鏡はビンゴです。実際にかけはじめたのは中学生になってからですが、小3ですでに視力0.3でした。僕はお玉さんの中でのび太クンみたいなイメージなんでしょうか。さかしまリングはジャイアンみたいにおっかない人が多そうなのでビクビクしているところです(笑)

otama-nekootama-neko2007/06/11 21:24ジャイア…(笑)お玉の脳内にアッキーさんのイメージはブログのアバターそのまんまで刷り込まれちゃってます。そういえば、のび太クンに似てる? それしにても、さかしまリングにいろんな個性が参加して刺激的な場になってきましたね。緊張しながら興奮していますよ。ここに呼んでもらったかぎりは、毎日なにかしら自分もいいものを創っていけたらいいなあと思ってます。アッキーさん、いま書かれている物語、苦心しているみたいですね。出来上がりが楽しみです。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20070610

2006-11-19-Sun SHOT BAR  C-U

[] SHOT BAR  C-U 20:49  SHOT BAR  C-U - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  SHOT BAR  C-U - 風呂場猫のハタ織り  SHOT BAR  C-U - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント



焼けた液体が喉元をすべり落ちる刹那

男の頭に何がよぎったのか


杯をかざした得体の知れない大男が

いったい何者なのか


流れ者の私には知る由もないこと



なのにどうしたことだろう

奥底の疼きが頭をもたげ

この舌で味わってみたいと欲している

男の唇に喰らいついて

ただ狂おしく激しく







               f:id:otama-neko:20061119200804j:image




otama-nekootama-neko2006/11/19 20:54Paco編集長、ごめんなさい。お玉猫ごときにはハードボイルドは難しすぎたようです。描いた絵をデジカメで撮ってアップしたのはスキャナが壊れてしまったからです。はてしなく悲しい。近日中に新しいのを買う予定です。

PacoGarciaPacoGarcia2006/11/19 21:10いいのだ。ありがとう。迸りつつあるものを妨げたくないから、無理しなくていいさ。迸ってるみたいだから安心してます。

BOBOBOBOBOBO2006/11/19 22:24すげえ!’70年代の「週刊アクション」みたい。

otama-nekootama-neko2006/11/19 22:31うわー!狙った線をわかってくれた人がいた。
お玉にとってのハードボイルドは『ゴルゴ13』か『ルパン三世』なもので、憧れの不二子ちゃんをイメージして描いてみたんですよ。

otama-nekootama-neko2006/11/19 22:32そんなわけでこの絵描いてる間ずっと『ルパン三世愛のテーマ』が頭の中で流れてました。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20061119