風呂場猫のハタ織り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-01-Sun6月の作品

[] 6月の作品 22:54  6月の作品 - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  6月の作品 - 風呂場猫のハタ織り  6月の作品 - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント

コンポラに作品をアップしました。


     ◆『呪文』


これは、コンポラGで2006.11.30の課題作品http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20061130として書いたものなのですが、そのときにメンバーのみなさんからいただいた批評を参考に、自分なりに咀嚼しながら加筆修正を加えた物です。悩みましたが、いつものように絵を添えるのは控えました。ペン画の老婆(魔女)の絵を用意しましたが、どうもミスマッチのような感じでした。自分が描くようなタイプの絵はイメージを限定してしまうので、扱いが難しいです。抽象画のようなものなら逆に想像を広げるのかもしれません。次回の課題です。

akky20050605akky200506052007/07/02 01:07「湿度の高い文体」というのはお玉さんが書くもののひとつのスタイルなのかな、という風に感じています。ブログ・バトル・ロワイヤルで初めて作品を読ませていただいた時に感じたのも「なにかこちらの心を蝕まれるようなジメッとした感触」でした。男女の関係を描くことが多いからということもあるのかもしれませんが、それだけではないような気もします。「ドロドロ」とも違って、まさに「ぬちゃぬちゃ」なのです。欲を言えば、もっとどうにもならない底なしの深みに引きずり込んでほしいと思いました。

otama-nekootama-neko2007/07/20 07:18アッキーさん、きっとわたしの中身は「ぬちゃぬちゃ」なのだろうと思います。包み隠そうとしても勝手に顔を出してぬめった痙攣を繰り返すかのように。本来もっているものがきっとそういうもので、なにかを書くたびに増幅しているような気さえします。BBRのとき、私の書いたものに一票を入れてくれたのはあなただけでした。でも、それより、全く知らない存在の人からいただいた丁寧な批評のおかげで「よし、次もなにか書いてみよう」と奮起することができたのです。本当は直にメールして、正直な気持ちを綴りたいくらいでしたが、アドレスを知らないので。
いずれ底なしのドロドロの深みに、あなたを引きずり込めればと(笑)

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20070701

2007-06-16-Sat五・七・五・七・七

[] フィークルの連歌 23:33  フィークルの連歌 - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  フィークルの連歌 - 風呂場猫のハタ織り  フィークルの連歌 - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント


先週、ひょんなことから、ミニブログを開設した。

  『肺の中のケサランパサランはおしろいの匂い』

  http://www.feecle.jp/blog/?b=huroba-neko


わけのわからないままに、歌うようなコメントを書くと、それに続けて歌を歌ってくれる人が出てきた。やがて連歌のような形にいくつものコメントがつらなって、膨大なレスになり驚いている。しりとりなどの縛りも出てきたりして、定型文に当てはめながら言葉を組み立てる慣れない作業が、結構頭を使う。こんな遊び方もあるのだなと感心した。ゆるいつぶやきが主流のフィークルで、こんなふうなノリは間違っているのかもしれないけれど。


上の歌を詠んだのはわたし。

本当は間に誰かの歌が入っている。

相手の歌に挑発されながら、このところ夜更かしをしてしまっている。

かささぎかささぎ2007/06/20 15:05ふふふ、面白いことやっていますね^^

・よふかしのげんいんなんてどうとでもいいわけできるよるがふけゆく

置いて行きます… お粗末様!

otama-nekootama-neko2007/06/20 20:39>かささぎ鳥へ
面白いです。相手からかえってきた変化球の鮮やかさに嫉妬したり。でもやっている途中は絶対に褒めるもんかと思う(笑)

・きみが手を離れし書庫に駆け寄りて 貪り読みてたどる面影

はっしゅはっしゅ2007/06/20 22:39そんなに頭を使うから、知恵熱が出るんですよ。

otama-nekootama-neko2007/06/20 22:46今39、1℃です。脳がゆで卵。明日死ぬかも。別世界みてます。わたしはカモメ。熱くて眠れないっす。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20070616

2007-06-01-Fri5月の作品

[] 新作アップしました。 22:13  新作アップしました。 - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  新作アップしました。 - 風呂場猫のハタ織り  新作アップしました。 - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント


今月の課題に、なんとか間に合いました。

      ◆ 弥生『梅うぐいす』


入院中のベッドで、紙と鉛筆で書きはじめたのが最初でしたが、毎日書いては消しで、たったこれだけ書くのに、おそろしく時間がかかってしまい、自分でも、なんて鈍臭いのだろうと情けないです。まだまだ推敲を続けたいと思っていますが、一度くぎりをつけてアップしました。書くことはなかなかです。でも、少しずつ進歩していきたいものです。



絵は四つ切りサイズのケント紙に描いています。

家のスキャナには入らないので、デジカメで絵の写真を撮って、それをトリミングして使いました。



      f:id:otama-neko:20070531061722j:image

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20070601

2007-05-12-Sat

otama-neko20070512

[] 復帰しました。 08:11  復帰しました。 - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  復帰しました。 - 風呂場猫のハタ織り  復帰しました。 - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント


 祖母の葬式の後、体調を崩して入院しておりましたが、先日退院しました。皆さんにご心配をおかけしてすみませんでした。ぼつぼつ、無理のないように創作をしていこうと思います。

akky20050605akky200506052007/05/12 10:46何も存じませず失礼致しました。どうぞ無理せずご自愛くださいませ。

otama-nekootama-neko2007/05/12 11:14アッキーさん、ありがとうございます。短編小説、精力的に書かれていますね。すごく刺激になっています。わたしも今日は午後から絵を描いてみようと思ってます。

スノースノー2007/05/15 22:17天井の向こうに、いろいろな風景が浮かんでいたのではないかと思います。
きっと、きっと。
お玉さんも、その風景に溶け込んで。

otama-nekootama-neko2007/05/16 21:29スノーさん。ほんと、そうだったらいいなと。危篤で呼吸困難になっているときは、意識はないから苦しみも感じていないのだそうです。でも本当にそうだろうかと、喘ぐおばあちゃんを見ていて思った。意識がなくなる前の日、わたしが帰ろうとしたら『もう帰るん?』って、泣いたんです。辛抱強くてそんなこと、言ったことない人だったのに、まるで小さい子供みたいに。

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20070512

2007-02-11-Sun 鉛筆で描く肌

[] 匂いたつような肌を描きたい 01:48  匂いたつような肌を描きたい - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  匂いたつような肌を描きたい - 風呂場猫のハタ織り  匂いたつような肌を描きたい - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント

 C-Uの自分のBOOKSに『肌暦』(はだごよみ)というカテゴリを新しく創ることにした。様々な風情の女の肌を四季折々の季節に絡めて描いてみたい。新しい試みをしてみようと思いついたのは、先日のブログ・バトル・ロワイヤルの課題に参加したことがきっかけだ。私は『睦月』という掌編をアップした。拙くて荒っぽい絵と文ではあるが、自分では気に入っている。実をいうとこうしたタッチの手の絵は以前から描いていたが人前に出すことはしていなかった。アップしてみて良かったと思う。カテゴリの最初に、この『睦月』の絵を置きたい。

 私は自分の中に在る生々しい『女』の部分を露に表現してみたい想いをずっと抱えていた。しかし思うように書けず迷っていた。恥じらう部分もあり随分ためらっていたと思う。今回、こういった匂いのものを思いきって書いて晒してみて、初めて自分らしいものができたという手応えを実感している。ただ、与えられたテーマについては、難しすぎて十分に咀嚼できていなかったという反省がある。作品にいただいた評は賛否両論だったが、自分なりに納得している。考えさせられる言葉もあり真摯に受け止めようと思った。なにより、いろんな方に正直な感想や批評をいただけたことがありがたいと思う。イベントに参加してくれた皆さんに心から感謝する。



f:id:otama-neko:20070212011653j:image

トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20070211