風呂場猫のハタ織り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-01-Sun6月の作品

[] 夢 22:54  夢 - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  夢 - 風呂場猫のハタ織り  夢 - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント

 明け方夢をみた。わたしは長野かどこか空気のきれいな里に住む女を訪ねていった。女の家は木造の大きな平屋敷で新築らしい。男性の先客がおり奥から談笑している声が聞こえていた。女は玄関先にわたしを見つけ露骨に迷惑そうな顔をするが、わたしはうつむいていたので女の顔をみたわけでなくそう感じただけだ。女はわたしを私室に招き入れ忌々しげにノートをみせた。短歌風の文章が横書きに並んでいる。どうせ誰も理解しないのだと投げつけるみたいに言う。字は右上がりに尖って並んでいる。なんとなく楽譜の音符に似ているなと思いながらそれをテーブルの上に伏せた。

 女は顔を覆ってベッドに座っている。わたしは女を横にならせた。静かに足や背中やうなじを撫ではじめると敏感に反応しはじめた。いろんなことに飢えているのだなと思い、飢えを自覚するのは気持ちも体もピュアだからだとうらやましくなった。ふくらはぎはすべすべだった。女の肌はみんなこうだろうかと試しに自分の足も触ってみたがそれほど滑らかでなく少しがっかりした。女の背中が反って中心に熱と力が集まってくるのと同時に、自分がその家にきた理由を思い出した。わたしはどこかで偶然見た女の書いた詩に招かれたのだ。それには、わたしだけにわかるように「来い」という強いメッセージが込められていた。

 気がつくとわたしの手首から先は女の胎内にすっぽりと飲み込まれている。指先に異質なものの感覚がありつかんで引っ張ってみた。女は口を「O」の形に大きく開いて電気椅子の上の人のように痙攣している。ぐにゃりと暖かい生き物が粘液にまみれて出てきた。濡れた髪の毛に似た黒い物体がブルブルと震えている。猫。キジの雛。そんな感じだが見たことのない生き物だ。持ち上げてみると薄い革袋にお湯が入っているような感触がした。どこからか家政婦が部屋に入ってきた。銀色の入れ物を持っている。医療現場で使うような雲形の皿。慎重にその物体をを乗せ、尖った器具であちこち突ついて検分している。生き物には瞼があり時々瞬きをしている。家政婦が瞼を針で刺すと「キュー」と鳴いたが、それが瀕死の状態だということがなぜかわたしにはわかった。そのあと家政婦は無表情なままそれをどこかに運んでいった。女はうつぶせに突っ伏してぶっきらぼうに「いつもあのひとが処分するの」と言った。家の奥のほうから遠い水音がとぎれとぎれに聴こえた。

 リビングに行くと白髪の老人がいた。成金がゴルフにでも行くような格好をしていて女に向かって「出かけてくる」と言い、女は返事をしたが醒めた声だった。老人が出て行ってしまうと、また奥の部屋に引っ込んで最初の男性客となにやら話に興じているようだった。

 外に出ると奇妙に明るかった。女の家を出てバスに乗った。春でやわらかい色あいの花が土手沿いに咲いていて見とれた。バスは博物館のような建物の前で停車した。階段を下りるとプールがある。巨大な金魚鉢みたいな形で、何人かの人がひらひらと泳いでいた。水は温水。わたしも入る。底のほうまで20メートルぐらいあるようだ。真ん中で泳いでいて突然恐怖に襲われた。それまで感じたことのない種類の恐怖で、大声で叫ぶのに声が出ない。ヒューヒューと喉から空気が漏れるだけだ。そこにある水の質量全部がわたしに向かって押し寄せてくるような恐ろしさがあった。



 そのまま目が覚めたが寝汗をびっしょりかいていた。シャワーを浴びながら考えた。何かで読んだが、夢の中に出てくる登場人物は全部自分自身の投影なのだそうだ。ではこの夢の中の女は今の私の暗喩なのだろうか。夢が示す映像はときに気味の悪い「お告げ」のようである。おかしな夢をみたとき、いつもわたしは夢判断のサイトにかけてみるのだか、今回はやっていない。なんだか結果が怖かったのだ。でも、みた夢の内容を忘れたくなくてここに書いてみた。





[] 6月の作品 22:54  6月の作品 - 風呂場猫のハタ織り を含むブックマーク はてなブックマーク -  6月の作品 - 風呂場猫のハタ織り  6月の作品 - 風呂場猫のハタ織り のブックマークコメント

コンポラに作品をアップしました。


     ◆『呪文』


これは、コンポラGで2006.11.30の課題作品http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20061130として書いたものなのですが、そのときにメンバーのみなさんからいただいた批評を参考に、自分なりに咀嚼しながら加筆修正を加えた物です。悩みましたが、いつものように絵を添えるのは控えました。ペン画の老婆(魔女)の絵を用意しましたが、どうもミスマッチのような感じでした。自分が描くようなタイプの絵はイメージを限定してしまうので、扱いが難しいです。抽象画のようなものなら逆に想像を広げるのかもしれません。次回の課題です。

akky20050605akky20050605 2007/07/02 01:07 「湿度の高い文体」というのはお玉さんが書くもののひとつのスタイルなのかな、という風に感じています。ブログ・バトル・ロワイヤルで初めて作品を読ませていただいた時に感じたのも「なにかこちらの心を蝕まれるようなジメッとした感触」でした。男女の関係を描くことが多いからということもあるのかもしれませんが、それだけではないような気もします。「ドロドロ」とも違って、まさに「ぬちゃぬちゃ」なのです。欲を言えば、もっとどうにもならない底なしの深みに引きずり込んでほしいと思いました。

otama-nekootama-neko 2007/07/20 07:18 アッキーさん、きっとわたしの中身は「ぬちゃぬちゃ」なのだろうと思います。包み隠そうとしても勝手に顔を出してぬめった痙攣を繰り返すかのように。本来もっているものがきっとそういうもので、なにかを書くたびに増幅しているような気さえします。BBRのとき、私の書いたものに一票を入れてくれたのはあなただけでした。でも、それより、全く知らない存在の人からいただいた丁寧な批評のおかげで「よし、次もなにか書いてみよう」と奮起することができたのです。本当は直にメールして、正直な気持ちを綴りたいくらいでしたが、アドレスを知らないので。
いずれ底なしのドロドロの深みに、あなたを引きずり込めればと(笑)

ゲスト



トラックバック - http://c-u.g.hatena.ne.jp/otama-neko/20070701