ポール、ペンで書いた。

2007-05-12急須からカメムシ

f:id:paulsato:20070512160947j:image

ひょんなことから山里へ行ってきた。それはまるで急須からカメムシがでてきたみたいに唐突な出来事で、それはまるで親鸞にお供して宮沢賢治に会いに行ったかのようでもあり、夢の二人の対談に相応しく空には赤い月が灯り、話題が仏教に及ぶや裏庭でウグイスがほー法華経と鳴いたのであった。一切の科学物質を排除した宴のあと、まるでオオサンショウウオでも産み落としたかのような爽快な朝を迎えた。それまでの不調がまるで嘘のように、私の消化器は一瞬健康を取り戻したのだ。その一晩に学んだことがどれほど大きなものなのか、今はまだわからない。しかしその強烈な印象は、生まれて初めてタラの芽をポキっと採った感触とともに、私の身体に確実に住みついたのだった。

namgennamgen2007/05/12 18:22わはははっ!
巧いこと書いたね。早朝カメムシ入り緑茶事件や深夜のウグイス法華経事件が実際のことなど三人以外にはわからないでしょうね。『オオサンショウウオ』とはおそれいったなぁ。そんなに大きいの産み落としたのかね。(爆笑

agricoagrico2007/05/12 20:59え~薫りたかい緑茶をご鑑賞いただいて嬉しいです。
わが家の食事からは本当にいろいろな虫が出てきますよ。詳しく言うと恐れおののいてしまうのであえて言わないことにしてますが。
おかげさまでとても楽しいひと時でした。しかしLLサイズタラノメの料理の仕方は考えなきゃならないところでしたね(根元の部分が厚いので充分火を通そうとすれば全体がぐったりとなってしまう)。それとライブをお聴きできなくて残念です。

namgennamgen2007/05/13 09:07>agricoさんへ
タラノメが大きい場合はいくつかに切り分けた方がいいですよ。それと天ぷらにして塩つけるのが一番だと思うがなぁ。塩分とりすぎになるけど・・。ワラビはおいしかったです。貰ってくるの忘れてモウタ。有精卵も濃くて格別でした。アレは重要なタンパク源ですね。
いずれにしても貴重な体験をさせて貰いました。
>paulsatoさんへ
本当に楽しかったですね。

paulsatopaulsato2007/05/13 22:06namgenさんのおかげでホント楽しかったです。お二人の対談をラジオ番組のように聴きながら最高の素材と最高の酒を楽しみました。うまかったなぁ。
翌朝は自分のおなかのキュルキュルで目がさめました。それは決して消化不良ではなく私の内臓が生涯初めて正常に機能した瞬間であり、歓喜のシンフォニーだったのです。人間の身体というものが、声を出す以外にあんなに大きな音を発することができるなどまったく知らず笑ってしまいました。笑いながら目覚めるなんて、一日の始まりとしてこれ以上幸せなことないですよね?
agricoさん、突然の訪問失礼しました。ありがとうございました。

2007-03-20等価交換の法則

f:id:paulsato:20070320081941j:image

洗濯さぼり 土をこねる

皿洗いを怠け 土をひねる

庭の枯れ草そのままに 土を焼く

そうして出来たぐい呑みの

端っこがキラリと光ったとして

それは芸術なんかでなく

あなたの涙だ

ガロの唄の意味もわかってきた

地球は高速で廻り続ける

停滞は死を意味

誰も立ち止まることは許されない

おそらく何億年もの間

地球体重は変わっていない

何者も元からここにあったし

新しいものなどどこにもない

誰かが誰かと交換したのだ

2007-02-23法律

f:id:paulsato:20070223083625j:image

ひょっとして法とは、

破られてこそ意味があるのだろうか。

何かに歯止めをかける抑止効果をねらうなら、

一度も破られなかった法律など、

そもそもなくてよかったわけだし。

法律スレスレのところに大部分の人がいて、

それより下に少し人がいて、

それより上に少し人がいて、

法律は平均というところか。


法令遵守」の考え方は、

なんだか狭苦しい感じがする。

h_cath_cat2007/02/26 18:56このヴァイオリン奏者は?本文と関連があるのだろうとは思うのですが…よくわからなかった。

ポールポール2007/02/28 16:01たしかに。私も意味がわかりません。次はもうちょっとわかるものにします。

2007-02-01失礼してしまった

日曜日になって、自分も投票できたんだなと気が付きました。

失礼なことしちゃったな。

皆さんの作品を読んで楽しんでるくせに、感想ひとつ書けないなんて。

毎日のニュースを見るにつけ、企業倫理がどうだとか、コンプライアンスがどうしたとか、

世の中まさにテーマは『陥穽』その一言なわけで、ものを書く人々はこんなにも

今を描き出すのだなと知りました。

f:id:paulsato:20070201214100j:image

2007-01-23RAMとHDD

f:id:paulsato:20070123201623j:image

子どもの頃、世界は小さくて、机の上に出しっぱなしでよかった。

ものごとは自由に他とくっついたり離れたり、無限の組み合わせが瞬時に試された。

おとなになるにつれ、机からこぼれた知識は引き出しや棚に仕舞われて、整理整頓していないと使えなくなった。今必要なのは引出しをひっくり返し、棚を漁る体力と筋力。Googleみたいな検索能力。